貞操帯タグの記事一覧

過激なSMプロセス観戦でフィーバーフィーバー

wpc04_170928

とにかくエッチなことができるエロイ痴女を探していました。

そんな中サイトで見つけた彼女のプロフィール。

趣味:プロレス
昔リングのあるプロレスバーでウェイターのバイトをしながら試合が終わった後はリングで先輩に特訓してもらっていた。根っからの格闘技好き。プロレスならではのパフォーマンスが好き。何よりエロイ自分が好き
今は普通に歯科事務勤務。
プロレスをやめた原因は当時付き合っていた年収1200万の彼氏がプロレスは野蛮だから嫌いだと言った為しぶしぶプロレスをやめる。

なんか面白くて彼女に一目ぼれ。

痴女だけど責めも受けも両方好きで、両方いけるバイな美人。

彼女は現在32歳だが、28歳の時に友達に教えてもらったエロプロレスの動画を見て再ハマリ。

闇のエロプロレス

プロレスバーのオーナー(独身54歳)は自宅に専用リングがあるのでそこでエロプロレスをやることになったそう。プロレス好きの身内だけの試合。
エロプロレスと言っても裸で取っ組み合いをするわけではない。だが緊縛はしている(笑)首輪だったり手枷足枷を付けたり、貞操帯や面積極狭のボンテージ衣装だったりSMをにおわすようなプロレス。

なわけで、もちろん途中でポロリもある。はみマン毛もある。
ルールは通常プロレスのシステム+性交、陰部出し禁止。それ以外は基本仕方ない。ってことで徐々に人気が出て知り合いを呼ぶようになった。

始めは男女の試合はやらなかったが女性がOKした場合のみ男女の試合もある。

男女の試合がやはり一番盛り上がる。

見ていて一番面白い。

SM出会い

無理矢理エロに持っていくのは暗黙でやらないが気づけばだいたいおっぱいは丸出しになっている(笑)

おっぱいが出ちゃったときのお決まりは“だっちゅ~の”(懐かしい)挑発。完全におふざけ。その隙に攻撃するという(笑)

途中で相手を緊縛するというおふざけもする。
「お~っと。試合が中断しましたー。緊縛です。逃げられなくなりますよ。どうするんでしょうか~。」
なんて司会が入って大爆笑。

エロイけど生々しくないエロプロレスがプロレスに興味のなかった私には新鮮で彼女と同じくハマってしまいました。

パートナーを探すときにSM以外にも何か好きなものがあるという破天荒な痴女ほど面白い。

肉食系痴女を探す

おさかんな性欲を何とかしてください!
SM出会い

マゾ女を探す

淫乱女性に恥虐プレイをしかける
SM出会い

ボア・ハンコックコス見下しすぎる女王様の射精管理が気持ち良かったこと

wpc04_170904

リアルボア・ハンコックの射精管理調教が気持ち良かった。
コスプレ好きの女王様と出会いました。
ハンコック以外にもナミ、綱手、白木芽衣子、ドロンジョ様やキューティハニーは今でも人気なんだとか。

巨乳S女系のコスプレが好きでその流れでSM調教も好きなようです。

最近の女の子はそんな子が多いらしいですよ。
コスプレもどんどん露出度が上がってきてますし、SMに対する抵抗とか昔と比べると薄れているみたいです。

そんなわけで私は大好きなハンコックでお願いしました。

調教開始そうそういきなり見下されました
見下しすぎて顔が見えませんww

完全なる女王…女帝ハンコック様

服を脱がされると早々に手コキ・パイズリをされ、上目づかいでフェラ
舌先が気持ち良くて思わず射精。 「ハンコック様気持ちよすぎます」 その後も顔面騎乗されたり、あちこち舐められるとおちんちんビンビンに揺れる。

sm

何度も精液を絞り出された後、貞操帯を嵌められました。 「飴の後は鞭の時間じゃ」 脱ぎたてほやほやのハンコック様の白い紐パンを貞操帯を嵌めた私の股間に履かせると微かな温もりと目の前のハンコック様のマンコで貞操帯はギッチギチ。 「おぉ。そうじゃ。これを忘れておったわ」 エネマグラを取り出すとアナルに挿入。

白い紐パンの中で貞操帯に拘束されたおちんちんとアナルの圧迫感ですぐさま離脱しそうでした。 「耐え抜いたら褒美をやってもよいぞ」 の言葉を糧に今日も射精管理です。

メロメロメロ~でメロメロ。
こんなに射精管理がきついものだとは思いませんでしたがその反動の解放されたときの気持ちよさがたまりません。

好みの女性に変身!調教してもらう

コスプレ・シチュエーションプレイがしたい
SM出会い

女性に責められたい

ハードプレイからソフトプレイまでSM好きなS女多数
SM出会い

剃毛好き女王様の変態調教:チン毛もケツ毛もキレイに剃られ射精管理する

pc04_170821b

若くてきれいなS女にはお気を付けください!

自分を変えた女王様の調教。

35歳:公務員:趣味はバイクとSMプレイ。

年上の熟した魅力も好きだが、若さみなぎる勢いのある女性も好きで、パートナーを求めるときは熟女と若い女性の交互でSMプレイを楽しんでいます。

SやMなどはっきりわけるのではなく“こういったプレイがやりたい”という願望の元いつもパートナー探しをします。

今回自分は射精管理をしようとS女系痴女を探しました。

巨乳パイズリしながらフェラされ、手コキ足コキされながら精液を搾り取ったかと思えば、寸止め貞操帯装着で何日、何週間も射精を止められたり…。
そのギャップが強ければ強い程射精した時の快楽が以前にも増して大きくなっているのが自分でもわかる。

そんな絶頂な射精管理中

そんな中女王様はカミソリを持ち出し自分の毛を剃り始めました。
一応独身ではありますが彼女もちの自分。剃毛されるのは非常に厄介!! 「女王様、剃毛はちょっと考えていただけませんか?」 「お前のチン毛やケツ毛が邪魔なんだけど文句あるの?」 剛毛な自分は言い返すことが出来ずすね毛、胸毛共にツルツルにされていしまいました。

自分はジムで筋トレもしており体にはそこそこ自信があったのですが、鏡の前に映った自分の姿を見たときの哀れもない姿に消沈してしまいました。

不思議なことに…

しかし、そんな消沈していた私ですがその後の射精管理が前にもまして気持ちよく感じるのです。
支配された感が強まった。
女王様の調教しやすい体になった。
毛を失ったことで女性のような気持ちになった。

自分の中で何かしら心情に変化が起きました。

それからの調教というのは今まで舐めてくれなかった部位も舐めてもらえたり、チンコの扱いもそれまで以上に愛情を持って接してくれるようになりました。

恥ずかしさや、彼女のツッコミが収まるまで少し違和感続きでしたが 「エッチしやすいように剃った」 と言ってごまかしてます。

慣れると不思議なもので彼女との性生活も前以上にうまくいき女王様の剃毛と射精管理のおかげだと思いました。

SM出会い

経験豊富な女王様がたくさんいらっしゃいます。
SM出会い

SM即愛クラブ

どんなプレイがしたいか決めてきてね☆
SM出会い

マゾで変態な私は女王様の便所であり肉体改造玩具であり

wpc04_0520

自分でも自覚していますがドMの変態です。
初めは愛玩として女王様のペットとして飼われていました。
お散歩や排泄管理、躾けてもらった悦びとして舐めて愛情表現。そんな私なので普通の出会いではもちろん満足できません。
女の人と普通のお付き合いをすることもありますが性癖を押し殺して普通にSEXをするの

男性が主導権を握り女性を気持ちよくさせる。
普通ならこれで自分も相手も気持ちよくなると思いますが物足りないのです。
私は責められたい!!

満たされたい思いをどうしても叶えたかったのでSMサイトに登録。
女王様に私を選んでもらえるようにアプローチをいっぱいしました。
射精の管理アナル未開発のでどんな命令にも一切抵抗することなく >

私がお仕えする女王様は多頭飼いが好きな方でした。
愛玩ペットをテーブルやイスにしたりメタボ系下僕は足置きにしたりなさいます。
みんな貞操帯を装着してますがその日1人だけ貞操帯を外し女王様の ます。
手コキやパイズリでギンギンになったチンコをみんなの前で射精 アナルに指、または道具を入れて前立腺を刺激しイかせる

女王様はどう体をいじると、どう反応するのかを見るのがお好きなようです。
乳首に洗濯ばさみや目玉クリップで挟み他のペットに引っ張らせて楽しんだりします。

他のペットたちは遊んでもらえないのでとても羨ましそうに狭苦しい貞操帯の中でチ す。 次は自分の番かもしれないと待ちわびているのです。

躾中の女王様はお手洗いはもっぱら私の口で済ませます。
唯一他のペットと違って私は女王様のお聖水を頂くことを許されています。幸せです。 仁王立ちの女王様は陰部を広げ私の口目掛けてお聖水を流します。< もちろん美味しくいただいた後は舐めて綺麗にします。

この度、女王様の満足いく躾をこなしたということで女王様の専用として 初めは痛くて外したい気持ちでいっぱいでしたが、専属感やもっと満足してもらいたい 気持ち、何より誰よりも一番でありたいと思うようになり証があると n>ことだと思うようになりました。

全国にはいろんな人がいるので今では癖のある性癖を我慢しなくて良かったです。

女王様出会い
SM出会い

フェチなプレイが好み
SM出会い

5分でできる射精管理方法

wpc04_160428a

男の性欲を支配、制服したいと思ったことはあるでしょうか?
男の欲求をコントロールできるのはサド女性の最高の幸福です。
男を支配したい女王様、支配されたい奴隷達のために、射精管理のやり方、方法を公開します。

1.射精を禁止する

当たり前ですが射精管理方法は射精を禁止することから始まります。
続きを読む

Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲