マゾ女タグの記事一覧

いよいよ冬本番。露出狂M女を探そう!野外でM女とSMプレイ

wpc04_171117

露出というと夏が盛んなイメージがありますが、実は冬の野外プレイも楽しいのです。

 

 

続きを読む

素人M女を人体改造!性奴隷としてラビア&クリトリスピアスで普通の人生を捨てさせた

wpc04_170828

性器ピアスってめっちゃくちゃ痛いんですよ。

神経集中してますしね。

馴染むのも時間がかかります。

人体改造性奴隷の一歩だというのはまさにそうで、この痛みを乗り越えてこそ過激なプレイも出来るんです。

根っからのマゾ気質とピアスについての興味も持ってもらわなくてはならんのです。

性器ピアス

耳たぶぐらいなら自分でも開けれますが、それ以外の部分はもちろん病院で開けます。

麻酔をして専用のピアスを着用、抗生剤ももらいます。

ピアスは着用したままで過ごします。

そして衛生面を考えてパイパンにしてもらいます。

ピアスを空けてばかりの性器は痛みや刺激に非常に敏感になっているので剃毛は自分で剃るのではなくエステや病院で完全除毛してもらいます。

そして空けて1ヵ月~1ヵ月半ほどはSEXもなし

刺激を避けるため木馬系のプレイや日常においては自転車に乗ることも控えてもらいます。

SMプレイ

そうして出来上がったマゾ性奴隷。
どう調教していくかが非常に楽しみです。

性器ピアスは特殊なので一度開けると普通の男との性的関係を持つのをM女は嫌います。 尻軽M女でも浮気をしなくなります。

そしてピアスを空けることで主従関係が強くなります。

感度が良くなるのですぐ濡れるようになります。

お互いに時間をかけて我慢して待った分その反動でSEXおよびプレイの激しさがハンパないです。

性器を舐めるときはちょっと邪魔になりますが、ピアスを徐々に太くしたり数を増やしたり、自分の奴隷という背徳感を感じたりなどの楽しみに比べたらそれぐらいは屁みたいなものです。

性器ピアスに錘や鈴付けたり左右に引っ張ってマンコを広げたり普通ではできないプレイが出来るのもメリットです。

愛着がわく

完璧な性奴隷を作り上げるのには非常に時間がかかります。
エステや病院で完全剃毛になるのに最短10ヵ月。ピアスを開けてから落ち着くまでに1ヵ月から1ヵ月半。
下準備だけでこれだけかかります。
しかし、時間がかかった分愛着がわきます。

そして譲渡したり一時交換したりなどの時は一物の寂しさもありつつ、一層完璧な性奴隷となる楽しみもあり気持ちが高揚します。

主も奴隷もずっと同じではマンネリしますのでどこかで一旦パートナーの変更や奴隷を増やすなどした方がよりよいプレイが出来ます。
新しい刺激が一層自分と奴隷を成長させるからです。

性器ピアスは改造済みという証として打ってつけです。
離れても戻ってくる傾向があります。
逆に言えば捨てたいときは少し困るのですが…。

海外ではそんなことはないですが、日本ではまだまだ性器ピアスは奴隷としての証のイメージの方が強いんじゃないでしょうか?

数は少なくても存在する変態M女を調教するのが日常生活のメリハリとなって非常に充実しています。

人体改造嗜好者集い

針・拡張・ピアス様々な人体改造を行う
SM出会い

痛快快楽嗜好者

生温い調教は求めていない!
SM出会い

本格的SM調教が好きなM女の心情はすごいSM愛好家だった

pc04_170816

SEXの延長でちょっとアブノーマルな体験をしてみたい。
過激なのは控えめで、受けや責めをしてみたい。
こんな感じの人は最近増えているのでSMパートナーを見つけるのはだいぶ楽になった。
しかし、この間出会ったパートナーは他の生温いSMかじりとは違った。
芯からSMを愛しているM女だった。

私の調教歴は浅く1年と半年ちょっと。調教対象ははM女。

基本的に私は普段の生活でSMが好きだとは誰にも言ってません。
なのでこの趣味を打ち明けるのはSMサイト掲示板内sのみ。

しかし彼女は堂々と「私はSMが好きでご主人様に調教してもらっている」と普段から言っているそうです。

彼女はちょっと特殊かもしれませんが自分の好きなことを堂々と好きと言える隠さない姿勢に感動した。

彼女は別に風俗で働いているわけでもAV女優でもSM嬢でも何でもなく、ごく普通の会社員。

ただSMSEXが好きなのだという。
仕えてきた主とは調教のルールを決めるのでNG以外は何でもこなすという。

「ご主人様に緊縛されたとき、バイブ責めを受けている時、拘束台に縛られたとき、ロウソクやスパンキングを受けている時。
自分を使ってご主人様が喜んでいる姿を見るととても幸せを感じる」
そうです。

幸せを感じた上でさらに欲情してもっと喜んでもらいたくなるようです。

自分の好きなもので相手も幸せになってくれるのが幸せだと。

もうすでにM女の鏡のような存在。

主もM女が立派な奴隷となるようにどのように躾けるかを勉強する必要があると思います。

お互い満足がいくようにSMに夢中になる。 楽しいことですね。

AVはただ性的に興奮するだけでその延長でSMプレイをしていたけど本物はもっと違う楽しみがあるのだと思いました。

私はただ自分のやりたいように調教するだけだった。
もちろんNGはやらない。
しかしSMが好きな人はその調教も好きであり、主も好きであるという、ただ性的に興奮するだけじゃない情を感じられたのが自分にとって新鮮だった。

SMプレイパートナー探し

SMに興味のある男女の為の老舗SMコミュニティサイト
SM出会い

変態M女

ハードプレイからソフトプレイまでSM好きなM女多数
SM出会い

セフレとして出会った彼女をSM好きにさせたらとんでもない変態に変身したw

pc04_170807

セフレ募集掲示板で知り合ったセフレ彼女。

自分は本命彼女がいるけどエッチがいまいち盛り上がらなくて少しマンネリしてた。

そこで彼女と知り合って、お互い割り切りの関係と決めているので自分の欲望のままに結構好き放題させてもらっている。

お互い気は遣うが遠慮はしない。案外この関係がしっくりきて気持ちがいい。

彼女はただエッチが好きなノーマルな彼女ですが少しフェチな部分があって、見られると興奮するというのです。
若干この時点でM女決定と感じました。

そんなわけで、これはメス化させるいい相手だと“しめしめ”と思いました。
監視カメラのあるネカフェでお触り。鏡越しのホテルで鏡越しに犯される自分を見ながらSEX。スマホでムービー撮りながらSEX。などを楽しんでいました。

エロくて恥ずかしい思いをさせればさせるほど感度が良くなってくる。 ある日3Pでホテルに行きました。
ディナーの後に行ったのでほろ酔い気分でアソコも勝手にしっとりしているほど。

個室ディナーだったのでその時点でノーパンノーブラで居させ男二人で触りまくるわけです。

初めは抵抗しつつも酔いと共に脚ガン開きで座るもんだから触ったり舐めたり。

ここまでくると調教準備が出来てるようなもんなので調教部屋があるホテルでSMプレイが存分に楽しめます。

拘束台に開脚で拘束されるだけで濡れるマンコ。
2人の男から同時に責められる淫らな私。
全ての口を塞がれて感じる私。
気持ち良くて穴という穴から体液を垂れ流す私。

そんな状態を撮影しました。

もう彼女は普通のSEXだけでは満足できないと思います。

ちょっとした変態な性癖からSMの世界に飛び込ませるのは実に簡単です。
もとからそういうマニア性癖なので。

ハマると向こうから「お願い」と連絡をくれるので自分の体がもつか逆に心配ですw
しかし、めちゃくちゃ楽しめました。

複数でエッチしてみたい

いろんな人と同時に楽しみたい!
SM出会い

SMプレイがしたい

キツク調教する?優しく躾ける?
SM出会い

うまいSMパートナーの見つけ方

wpc04_170628

SMパートナーをなかなかゲットできない。

m女が欲しいんだけど。調教して奴隷妻にしたいんだけど。

そんな願望を持ち続けてきた。

数々の出会い系やSMサイトがあるけど、安全なのか?サクラはいないのか?多額な料金を請求されたらどうしよう?
など不安要素もたくさん。

まずはSMサイトに登録して、お試しで使用してみました。

全て無料で遊べるものほど怖いものはないので、費用がかからないからと言って飛びつくのはとても危険です。

初めの無料期間でそのサイトの出来ること遊べるものを余すことなくやりきる。
だけどそれだけじゃすぐに何もできなくなってしまうので、 このくらいならお金をかけてもいい。 というだけ課金してさらに様子見。

そこでだいたいうまくいきそうか、そうでないかがわかる。

SM出会い

実際の調教前の下準備として

あと、実際に調教をする前にメール調教SMに慣れることをススメます。

なぜなら、慣れていないのに実際に調教を開始すると案外うまくいかなくて相手に飽きられるという恥ずかしい思いをするからです。

m女を完璧に屈服させるにはスマートな調教が出来なければ楽しさも半減します。
もたもたしている男は嫌われます。
そのため実際のパートナーが見つかるまでの繋ぎ目的&スマート調教を目指して、是非メール調教をしてほしいです。

あとは、セフレ出会い掲示板の利用。
セフレを探すぐらいエッチな女の子が集まっているのでうまくおねだりしたり、甘い雰囲気に持ち込めばソフトプレイは案外すんなりと受け入れてくれます。

それでは、今日も素敵なSMライフが送れますように♪

SMマッチング
SM出会い

M女がほしい
SM出会い

123
Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲