アナニータグの記事一覧

女性のアナニーが気持ちいい理由・感じるトコロ

男性であれば、アナルから指やディルドなどを挿入して前立腺を刺激することで快感を感じることが出来ますが、 女性の場合はアナルの中の、どこに性感帯があるのでしょうか。 アブノーマルなオナニーをしている事に浸って、気分的に気持ちよくなっているだけなのか、 本当に快感を感じるポイントがあるのかどうか、女性のアナニーをする意味や気持ちよさを感じる理由を調べてみました。

続きを読む

【アナニーのいろいろ】最近アナル人気が高いらしい アナニーでもするか

アナル開発は男性でも女性でも同じように楽しめる器官です。
とはいえ男性はアナル開発からの前立腺の刺激。
女性は膣責めに変わる快楽(生理中でもSEXできる部位)ということで人知れずアナル開発が盛んらしいのだけどアナニーについて勝手にしゃべります!

誰かが言っていた。
女性がアナルを掘られてマンコより気持ちいの?
それは人それぞれだと思います。
嫌な人もいれば好きな人もいる。

だけどアナルSEXが好きな人は基本的にとてもエロくて性欲旺盛だと言うのは確か。
隠れ複数プレイ嗜好がある人が多い。
強く激しく責められたい人が多い。
出会った人はそんな人が多かった。

普通はやらないことをやりたがるなんて性に貪欲じゃないかぎりやらない。

男性のアナニー。
これは気持ちいいのか?と聞かれたことがある。
気持ちいいんです。
尿道開発をする人もいますがそれは改造系が好きな嗜好者なので普通に気持ちよくなりたいならアナニーで前立腺を刺激した方がよっぽど安全で気持ちいい。

その時2段階の気持ちよさがあると私は思っています。
まずはアナル拡張。
別に大きく広げなくてもいいけど、ある程度物が出入りするのに不便じゃないぐらいアナルが柔軟だと痛みがない。
アナルは敏感な部分なので少しの刺激でもドライオーガズムに至ることがある。
力を入れるというよりは優しくそっといじるのが一番気持ちがいい。

次は前立腺の刺激。
ネットで図を見たりすればあそこに前立腺があるんだとわかるが、実際に自分の体の中を見てここが前立腺だな。なんて素人にはわかりにくい。
だから、腰が浮くような感じに「あっあっ」って感じる場所が前立腺だと自分で思っている。
慣れるとやっぱり気持ちがいい。
射精するだけに飽きたら試してほしいね。
体の中からゾワッとくる気持ちよさ。

おしり大好きな人
SM出会い

エッチなお姉さんと遊びた
SM出会い

強制メスアクメで目覚めた女性性

女王様に女装され調教させられた結果、メスアクメに至った話し。

女王様にお任せ調教をしてもらった専属奴隷のわたし。

そしてら女装させられました。 その格好で外に出ることはしませんでしたが慣れない状況にとても恥ずかしくしていました。

だけど、外見を女性っぽくすると中身も次第に女性の気持ちになるんです。 それはそれで面白かったです。

元々細くて女性もののズボンなどはけましたが心までメス化するとは、ね。

レースのTバックを履くと 「チンコ邪魔だね。」 と言われて縛られました。

縛られるとエロイことされても射精したい気持ちが低下します。 というか射精が困難でドライアクメ状態。

すると穴に指を入れ前立腺を刺激。 初めは痛いです。 しかし次第に病みつきになってきます。

前立腺のしごきが気持ちよくなってい来ると感度が良くなるので乳首を責められたり、ペニバンでアナルを掘られたりします。

そうすると、なぜか、不思議なことに射精するより気持ちいいのを感じてしまうのです。

一度体がメス化すると、両方の快楽を味わうことができます。

普通にSEXで挿入すればいつもの肉体的快楽。 前立腺の刺激で穴を掘られれば、たちまち体はメス化しドライオーガズムを感じる。

最近んのオナニーはもっぱらアナニーしまくりですw

エロ調教
SM出会い

濃厚SMプレイ
SM出会い

アナルを強引に引き裂く鬼畜女王様

私はアナル専門の女王様です。
ピアス、拘束、目隠しには一切興味がありません。

チンコにも興味のない私にはアナルを責められたい、
変態マゾ男奴隷が沢山います。

この日私が調教した男は有名な国立大学に通う大学生です。
数多くいる奴隷の中でも一番若く期待の有望株です。

続きを読む

マゾ男必見!!マゾ男にして欲しいプレイ4選

M男の皆さん。こんにちは。
M暦15年の中年男性けんじ(仮名)です。
正真正銘のマゾの僕が今までやってきたSMプレイの中で、
M男の欲求を心底満たしてくれる気持ちよかったプレイを皆さんに教えたいと思います。
ずっと一つのプレイにこだわっていて他のプレイをしないなんて勿体無いですよ。
色んなプレイを体験してM男としての経験を積んで、どんなプレイでもこなせるスーパーマゾ男になりましょう。

続きを読む
Return to Top ▲Return to Top ▲