おもちゃタグの記事一覧

個室居酒屋で露出プレイが今一番楽しい♪

wpc04_170608

露出といったら公園や車、何かの物陰でSEXというイメージを持つ人が多いかもしれません。

私もそうでした。

付き合っている彼がエッチ大好きな人で外でも大胆にエッチなことをしてくる手癖の悪い人なんです。

初めは抵抗があって嫌だったのですが、彼との信頼や絆が深まっていくうちに露出も自然と平気になっていきました。

でも、私たちは堂々と露出プレイをするんじゃありません。

もともと私たちはマゾより、mmカップルなので激しくて大胆過ぎることはしないです。
だけど刺激は欲しい。みたいな、ある意味わがままなカップル。

最近のハマりごと

個室居酒屋などで露出して気分を盛り上げています。
飲んでいるのでそのままホテルへGO→→するときもあれば、何かの建物の階段の踊り場で愛撫、家に着くまでのタクシーの中でずっとお互いの性器を触り合う。
みたいなことをしていますw

最近はちょっと過激にノーパン、ノーブラで散歩して、そのまま公園でファックしちゃうときもあります。

sm

これは暖かくなって外で性を楽しむのがやりやすくなったからです。
そして6月7月といえば梅雨の時期なので、梅雨でも楽しい露出ができないかお互いに試行錯誤しながらデートを重ねています。

何かいい案があったら教えてくださいね( *´艸`)

専用奴隷探し
SM出会い

Mっ娘探し
SM出会い

40過ぎてもママも前では赤ん坊!おむつ着用幼児プレイ

wpc04_170422a1

40代後半の男性。会社では役職持ちでもここでは3歳児。
いつも調教用の赤ちゃん部屋で幼児プレイをします。 「あら、どうしたのー?」 「おしり痒い(グスン)」 「おもらししちゃったかな~。お尻みせてくれる?」 「うん」

そう言ってズボンをおろした。
このM男は標準装備でおむつをしている。
本格的な幼児プレイが好きなんだと実感します。

「いっぱいおしっこ出てるね~。取り替えましょうね~」 「あい」 M男はおむつを手に持ってこちらに渡した。

「いい子ね~。」 M男はおちんちんを握ったり振り回したりして遊び始めました。
なので私も一緒に握ってあげました。 「う゛ぅぅぅ」 「あら、おっきくなってきたわね」 そのまま手コキをしてあげると、びゅびゅっと精液を出す。 「なんか出たよ」 「そうね。なんか出たね。」 そう言いながらおもちゃを取り出しM男に渡してみた。

sm

おもちゃといっても赤ちゃん用のおもちゃではなく大人のおもちゃです。
バイブを咥えたり、股間にあてたりして遊んでいました。

突然ぐずりだすM男。どうやらおっぱいの時間みたい。
「お腹すいたのかな~?
じゃあおっぱい飲みながらおむつ履きましょうね」

乳首に練乳を垂らし吸わせながらおむつを履かせました。
おむつがもっこり膨らんでいたけどママも付きっきりでお世話できないからおしゃぶりをあげました。

いくつになっても甘えん坊の男の子はかわいいな~と思いました。

 

おもらし・おむつ フェチプレイ
SM出会い

甘えたい人へ
SM出会い

延々と苦しみ続けさせたいくすぐり責め

wpc04_161206a

M女の手足を拘束して動けないようにする。
そして、足の裏をくすぐってやる。
「うふ、、あは、、はははは!!」

次にM女の体に手を這わせるように動かす。
「ふ・・・ふふ・・・」
少し体を震わせて笑っている。

楽しそうにしてくれるのは嬉しい。
だが、いつまで余裕ぶってられるだろうか?

続きを読む
2016/12/06

拘束連続強制射精で天国へ召される

wpc04_160720a

拘束されて手コキオナホで果てるまで強制連続射精

自由を奪われたマゾ男を幸せなことがありません。
「いきなりなに言ってんだコイツ」と思わないでください。

M男が好きとされている射精管理ですが、
僕はその真反対にあたる拘束強制射精プレイが大好きです。

だって射精管理って射精の喜びを感じれないプレイなんて本当に苦痛だけじゃないですか、
何度も射精できる強制連続射精プレイは喜びの連続ですよ。

続きを読む

MMカップルのマゾとマゾの調教合戦

wpc04_160610a

マゾとサドは相性が良いというのは定説ですが、
実はそれよりも相性の良いのがマゾとマゾのカップルです。

僕はわざわざSMサイトを利用してマゾ女を探しました。
僕はもちろんマゾです。いよいよマゾとマゾの調教合戦が始まります。

まずは彼女が僕を責めてきます。
僕の手足を拘束して黒タイツを履いた足で僕のチンコを踏みつけて気持ち良くしてくれます。

続きを読む
12
Copyright©2018
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲