今月のピックアップ

マニアック度は高め

サイト特色
ヌルヌル・ベタベタが大好き
メインユーザー
男30代~/女20代~
フェチナビ>体液コミュニティ

愛おしい人の体から出される体液。お口から流れる汁。
このドロッ・ヌメッ、そして少し生温かいものを受けてるとたまらなく興奮して嬉しくなる。そんなマニアばかりが集まっている。

新着記事

鬼畜S男の首絞め調教

wpc04_150310-2

私には使命がある。パートナーの望む通りに調教するというのがサディストの使命だ。

私は私の嗜好や快楽のためだけにM女を調教するのではない。相手が望む通りにしているだけである。

緊縛し、体の自由を奪い、傷をつけ、気絶寸前まで首を絞める。全てはパートナーが望んでいるから。

もちろん私自身多少の破壊願望等は持ち合わせてはいるのだが、相手が望まないことは決してしない。

続きを読む
2015/03/10

ご奉仕M男は女王様一筋

wpc04_150310-1

私には一人の敬愛するご主人様がいます。女性と目を合わすこともできないヘタレ童貞M男をSM出会いサイトで拾ってくださったのです。

私を拾っていただいた女王様はいままで数々のM男を調教してきたらしいのですが、どいつもこいつもできあがったM男ばかりで、いわゆるエゴMの相手をするのはうんざりだったのだとか。
まだ何色にも染まっていない童貞の私を自分好みに調教したいとおっしゃってくださったのです。

童貞でよかった、とはじめて心から思いました。

続きを読む
2015/03/10

真性M女と奴隷契約

wpc04_150310

私は長年M女を調教してきたのだが、最近事情により離別してしまったため新たなパートナーを探していた。

あらゆる出会い系のサイトをめぐってきたが、SMに興味があるという女性は結構いるものの、こうして欲しいああして欲しいだのエゴマゾばかりでまいってしまった。
私の以前のパートナーは文句ひとつ言わずに調教を受け入れ、献身的に奉仕してくれていたというのに。時代が変わったということなのだろうか。

続きを読む
2015/03/10

女王様のカワイイ悪戯

wpc04_150225-8

ここのサイトで出会った女王様は叩いたり蹴ったりするのはあまり好きではなく、言葉攻め、悪戯が大好きなちょっとお茶目な方でした。

初めて会った時ホテルで手足をベッドの4隅に括り付けられ動けなくされ執拗にチ○コを弄られました。

あまりに気持ち良過ぎて何度も「やめて下さい」と言いましたが聞き入れてもらえず終いにはデンキアンマをお見舞いされ笑い死にそうになっても止めてもらえませんでした。

僕は痛み以外にもこんな拷問があるのか…と思いながら涙を流し腹の筋肉が攣って死にそうになりました。

2015/02/25

昼間の公衆トイレで!!

wpc04_150225-7

ランチタイムに掲示板を巡回していてふと目に止まった書き込み。「今、買い物をしている途中なんですがものすごくエッチな気分なんです…」

偶然にも近場で土地勘もあり、「Mの素質があるのでは?」と思った僕は早速彼女に公衆トイレでオナ指令をしてみた。

しっかりと濡れたマ●コの写メで報告を貰い、その日のメールでの調教は完了した。

これをきっかけにメールのやり取りは続き、今ではパートナーとして頻繁に会うようになりました。

2015/02/25

SMマッチングサイトの分析

日常を忘れて女性に責められる快楽を味わいたい[RoseGarden]

1553_rse_200x200

初めは手足の拘束や舐め犬、オーガズムを感じたいから始まったS女とM男のソフトSM体験の場でした。 今は会員数も増え様々な嗜好者が集まるようになると本格的なSMプレイも楽しめるようになりました。 そんな歴史がある『Rose…

続きを読む
2017/08/23

変態・異常性癖を抱えた男女の出会い[調教ロマン]

wpc04_trm

SMなしでは生きられない真の変態男女のためのSM出会いコミュニティ。 人間は一度SMプレイを覚えてしまうと忘れられない生き物だ。 普通のセックスよりも深い性体験なのであたりまえなのだが、SMを知らぬものには一生理解できな…

続きを読む
2015/02/25

肉便器、露出狂、罵倒されたい下僕 様々なマゾを取り揃えてる[豚小屋]

2813_btg_200x200

本物のマゾ奴隷を探すなら「豚小屋」で!! 人は人を見下したい虐めるのが好きな残虐タイプと、嫌だ抜け出したいと言いながら見下されることに快感を感じる自虐タイプと2種類に大きく分かれます。マゾ女、マゾ男達は自分の醜さに哀れみ…

続きを読む
2017/10/04
Copyright©2019
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲