今日のピックアップ

アナルプレイは一番初めやすいSMプレイ

主な嗜好
アナルプレイ
メインユーザー
男20代~女20代30代
ANALISK

拡張となれば時間もかかる。しかしその期間も楽しむべし!常にアナルプラグを入れっぱなしで公開オナニーをする変態女も増えるほどアナルと性とSMは切り離せないものとなっている。好評穴友(アナトモ)作りを一緒に始めよう→→

新着記事

赤ちゃんプレイに目覚めた還暦M男

wpc04_20150331-4

60を過ぎて定年間近、妻も子どももいて、なんならもうすぐ孫も生まれる。

この年になって、まさか赤ちゃんプレイにはまるとは思わなかった。

私は30代半ば頃にM男に目覚め、妻に隠れてこそこそSMクラブに通ったりしていた。女王様の厳しい調教を受けたり、ご奉仕することに無上の悦びを感じていた。

近年は不況のせいもありお財布事情が厳しくなり、SMクラブになかなかいけなくなってしまったので、出会い系サイトを利用し始めた。

続きを読む
2015/03/31

ペニバン女王様にケツマンコ掘られ隊

wpc04_20150331-3

私はゲイではないが、女に生まれた方が幸せだったんじゃないかと思う時がある。
自分のペニスをおまんこにつっこむことより、ケツマンコことアナルにペニバンつっこまれる方が快感だからである。

しかしもちろん私は女性が好きであるし、SM女王様という文化があってよかったなと思う。

今日もSM出会い系で拾っていただいた美熟女王様に掘られるのである。

続きを読む
2015/03/31

変態看護婦痴女のM男アナルフィスト

wpc04_20150331-2

M歴20年、数多のSM調教を受けてきたが、なんといっても忘れられないのが

変態看護婦によるアナルフィスト。

看護婦には変態痴女が多い。
医療関係者はほとんどが変態だそうだ。

私が出会った看護婦も、「ノーマルSEXで満足するのは動物と同じであり、アブノーマルプレイのないSEXなどカスだ」などという歪んだ考えを持っていた。

続きを読む
2015/03/31

アナル中毒M女の危険なアナニー

wpc04_20150331-1

27歳のメスブタです☆

私は10歳年上のご主人様に飼われているのですが、最近叱られてばかりいます…

私はアナルを責められるのがすごく好きで、一人でもしょっちゅうアナニーしてるんだけど、
気持ちよくなってくると歯止めが利かなくなって、肛門を刺激し過ぎて怪我をしてしまうことがあるんです…(TT)

それでご主人様にアナニーは控えるように言われてるのに、ついつい欲望に負けてアナっちゃうんですよね。。
そのたびにお仕置きでスパンキングされるんです…スパンって嫌いじゃないけど、ちょっと苦手。。

続きを読む
2015/03/31

年上M男くんに赤ちゃんプレイさせてみたの。

wpc04_20150330-7

M男ってほんとに何でもしてくれるから面白いわよね。

あたしはもう10年ぐらい女王様やってるんだけど、最初は鞭とかでパートナーに肉体的苦痛を与えるのが好きだったんだけど、だんだん飽きてきちゃったんだよね。

相手を精神的に追い詰めたり、ご主人様のためにどんなことをしてくれるのかなって、奴隷の忠誠心を試したりするのが好き。

それで最近はまってるのが、赤ちゃんプレイなんだよね。

続きを読む
2015/03/30

SMマッチングサイトの分析

調教の素晴らしさをあなたにも【調教マッチングサービス~Partners~ 】

wpc04_pns

調教の素晴らしさをあなたにも【調教マッチングサービス~Partners~ 】 ソフトSMからハードなSMまで幅広く楽しめるSMマッチングサービス SMプレイは個人の趣味志向が多岐にわたるのが特徴です。 自分とぴったりの趣…

続きを読む
2016/03/25

女王様に虐められたいM男専[オスブタ箱]

wpc04_170317d

女王様とM男性の出会いに特化したSMコミュニティ。 男を完全に支配下に置き自分の思い通りに扱いたいと考える女性は多い。 そういう女性はSMプレイに走りやすく征服欲と性欲が強い。 そんなS女性がM男性を募集しているSM出会…

続きを読む
2015/02/25

日常を忘れて女性に責められる快楽を味わいたい[RoseGarden]

1553_rse_200x200

初めは手足の拘束や舐め犬、オーガズムを感じたいから始まったS女とM男のソフトSM体験の場でした。 今は会員数も増え様々な嗜好者が集まるようになると本格的なSMプレイも楽しめるようになりました。 そんな歴史がある『Rose…

続きを読む
2017/08/23
Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲