複数・乱交・多頭飼いカテゴリーの記事一覧

マゾで変態な私は女王様の便所であり肉体改造玩具であり

wpc04_0520

自分でも自覚していますがドMの変態です。
初めは愛玩として女王様のペットとして飼われていました。
お散歩や排泄管理、躾けてもらった悦びとして舐めて愛情表現。そんな私なので普通の出会いではもちろん満足できません。
女の人と普通のお付き合いをすることもありますが性癖を押し殺して普通にSEXをするの

男性が主導権を握り女性を気持ちよくさせる。
普通ならこれで自分も相手も気持ちよくなると思いますが物足りないのです。
私は責められたい!!

満たされたい思いをどうしても叶えたかったのでSMサイトに登録。
女王様に私を選んでもらえるようにアプローチをいっぱいしました。
射精の管理アナル未開発のでどんな命令にも一切抵抗することなく >

私がお仕えする女王様は多頭飼いが好きな方でした。
愛玩ペットをテーブルやイスにしたりメタボ系下僕は足置きにしたりなさいます。
みんな貞操帯を装着してますがその日1人だけ貞操帯を外し女王様の ます。
手コキやパイズリでギンギンになったチンコをみんなの前で射精 アナルに指、または道具を入れて前立腺を刺激しイかせる

女王様はどう体をいじると、どう反応するのかを見るのがお好きなようです。
乳首に洗濯ばさみや目玉クリップで挟み他のペットに引っ張らせて楽しんだりします。

他のペットたちは遊んでもらえないのでとても羨ましそうに狭苦しい貞操帯の中でチ す。 次は自分の番かもしれないと待ちわびているのです。

躾中の女王様はお手洗いはもっぱら私の口で済ませます。
唯一他のペットと違って私は女王様のお聖水を頂くことを許されています。幸せです。 仁王立ちの女王様は陰部を広げ私の口目掛けてお聖水を流します。< もちろん美味しくいただいた後は舐めて綺麗にします。

この度、女王様の満足いく躾をこなしたということで女王様の専用として 初めは痛くて外したい気持ちでいっぱいでしたが、専属感やもっと満足してもらいたい 気持ち、何より誰よりも一番でありたいと思うようになり証があると n>ことだと思うようになりました。

全国にはいろんな人がいるので今では性癖を我慢しなくて良かっ ます。

女王様出会い
SM出会い

フェチなプレイが好み
SM出会い

<M⇒Sへ>SMサークルで酔いつぶれた痴女をM奴隷にする

wpc04_170420

複数のOL痴女たちに踏みつ責められ罵倒されようとSMサークルに登録。
最初はそう思っていたのですが、酔いつぶれた痴女達を目の前にしたとき雄の本能が呼び覚まされた。

初めはメール調教からでした。
一か月後に会うと約束をしていたのでその期間オナニーやエロ動画など痴女たちの命令意外のエロは一切禁止。
もちろん射精も禁止だったので射精管理もしました。
連絡は毎日取り痴女たちの命令に従い結果報告をしていく。

それだけでもいつもと違う日常が楽しくもあり、それと同時に射精できない苦しさもあり(笑)

続きを読む

たくさんの男性にレイプされたいM女の夢

wpc04_161105a

AVみたいにたくさんの人にレイプされて廻されるっていうのに憧れてた。
実際にやられたら、きっと怖いとは思うけど、マゾだから強姦や輪姦をおかずにオナニーするのが好き。

だから、SM出会いサイトで乱交とか複数プレイしてくれるS男性を何名か募ったの。
M女は私一人だから、多くても三人までかなって思って、三人選んだんだけど、一人辞退されて二人のS男性と3Pになった。

続きを読む

女王様のM男遊び〜アナルに異物挿入〜

150619_08

32歳塾講師をしています。

普段は真面目ないい先生をしていますが、実はSMの女王様に虐められたい変態性癖を持つM男です。
特に尻穴を掘られるのが最高に快感です。

私がよく利用しているSM専門のパートナー募集サイトで出会った女王様に調教された体験を書きます。

女王様は24歳とまだ若いのに、数々のM男を調教してきたというツワモノ。
複数のM男を別々に飼いならしているようです。

続きを読む

二人の痴女にはさまれて。サンドウィッチング!

wpc04_150327_2

私はSMの風俗に頻繁に通い、出入り禁止になったこともある筋金入りのM男です。

風俗通いが嫁にもバレ、家まで出入り禁止になってしまいました。真面目に働くことを条件に家に入れてもらうお許しはいただきましたが、お小遣いもなし。最低限の交通費や食事代しかありません。

これでは風俗通いが物理的に無理です。しかしそれでも私の性欲は留まることを知りません。

続きを読む
12
Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲