射精管理カテゴリーの記事一覧

セカンド童貞はじめての射精管理とドライオーガズム

wpc04_170526

セカンド童貞のM男を飼育することになった私。
過去に一度だけ大学生時代に初めての彼女ができて1年後に初めて結ばれる。
その1ヵ月後突然彼女から“別れよう”のLINEが届き連絡も全てブロックされた。という絵にかいたようなヘタレM男の調教を行いました。

現在彼は30歳。かれこれ10年女性と付き合うこともなく、女性の体に触ることもなく、1人性処理を自室で行う。

はじめ自己紹介を見たとき失礼ながらふきそうになりました。
まるで映画「モテキ」のようなセカンド童貞キタ!と。

彼は真面目で不器用で容姿は普通だけど自身の無さがにじみ出ている大人しそうなM男。

30歳になっても女性への免疫はできないのに興味は悶々とあるので出会い系で遊び感覚で登録したとのことです。

こうゆうの結構好きです。

初顔合わせ。緊張した趣の彼は口数も少なくぎこちなく歩く。
お酒は飲む方とのことだったし、ディナーの時間だったので飲みながら会話を楽しむ。
もちろんここでアダルトな話しはしない。
普通の彼と彼女みたいな雰囲気でご飯を食べました。

しかし、お互いの頭の中ではディナーの最後にはデザートがあるってことをわかっているのです。
酔ってるので足取りも軽く慣れていないホテルへ行くのも彼にとっては行きやすかったことだろう。

いきなりは脱がない。
そこでも会話を楽しんだ。
20分もすれば部屋の暗さにも慣れてきて徐々に二人の座る距離を縮めていった。
体が触れるころ。彼の首元に頭を寄り添わせる。
手を握って首もとで囁く 「キス。しても、いいかな?」 この言葉だけでも彼の下半身は勃起していた。
“なんとも慣れていない感がかわいらしい”

キスをすると、体が次第に熱くなっていくのがわかったので舌を入れた。
ここでだいたいは男性に押し倒される女性のポーズが思い浮かぶが、ここでは逆。
私が彼を押し倒す。
肩から胸、乳首、脇腹、腰と手を滑らせ体を刺激した。

彼もぎこちない手つきで私に触るが、なんともじれったく脇腹や背中にしか触れない。
胸を鷲掴みする勇気はまだないようだったので私は服を脱ぎ下着姿になった。

「暑いからこの先脱がせてくれない」 恥ずかしそうに下着を脱がす彼。
シャワーを浴びようか?
勢いで彼の服も脱がし風呂場へ。

お風呂で洗いっこをしてた。
念入りにおちんちんとアナルを洗うとものすごい硬さで大きくなったのを見ると興奮しちゃって股に挟んで疑似SEXをした。

普段経験がないからそこで射精。

「もっと気持ちいことできるよ?」 ベッドに駆け込むとアナルをゆさゆささすり指を入れる。
「あっ。おっっ!!!」

驚いた彼を無視して前立腺を刺激。
「これね少し痛いかもしれないけどすぐ気持ちよくなるよ」

経験がない分、彼は感度が良かったのね。
アンアン言ってた。

直立に立たせパイズリをしながら前立腺責め。
四つん這いの定番前立腺責め。
いろんなポーズでオーガズムに至ったあとは手コキやフェラでおチンコ調教。

「一晩で何回射精できるかやってみたい」 って男性からすると体力擦り切れるほどの無茶なおねだりをしました。

次は寸止め射精禁止で苦しめるつもり。私いじわる( *´艸`)

痴女のエロさはハンパない
SM出会い

淫乱女性が多数!
SM出会い

マゾで変態な私は女王様の便所であり肉体改造玩具であり

wpc04_0520

自分でも自覚していますがドMの変態です。
初めは愛玩として女王様のペットとして飼われていました。
お散歩や排泄管理、躾けてもらった悦びとして舐めて愛情表現。そんな私なので普通の出会いではもちろん満足できません。
女の人と普通のお付き合いをすることもありますが性癖を押し殺して普通にSEXをするの

男性が主導権を握り女性を気持ちよくさせる。
普通ならこれで自分も相手も気持ちよくなると思いますが物足りないのです。
私は責められたい!!

満たされたい思いをどうしても叶えたかったのでSMサイトに登録。
女王様に私を選んでもらえるようにアプローチをいっぱいしました。
射精の管理アナル未開発のでどんな命令にも一切抵抗することなく >

私がお仕えする女王様は多頭飼いが好きな方でした。
愛玩ペットをテーブルやイスにしたりメタボ系下僕は足置きにしたりなさいます。
みんな貞操帯を装着してますがその日1人だけ貞操帯を外し女王様の ます。
手コキやパイズリでギンギンになったチンコをみんなの前で射精 アナルに指、または道具を入れて前立腺を刺激しイかせる

女王様はどう体をいじると、どう反応するのかを見るのがお好きなようです。
乳首に洗濯ばさみや目玉クリップで挟み他のペットに引っ張らせて楽しんだりします。

他のペットたちは遊んでもらえないのでとても羨ましそうに狭苦しい貞操帯の中でチ す。 次は自分の番かもしれないと待ちわびているのです。

躾中の女王様はお手洗いはもっぱら私の口で済ませます。
唯一他のペットと違って私は女王様のお聖水を頂くことを許されています。幸せです。 仁王立ちの女王様は陰部を広げ私の口目掛けてお聖水を流します。< もちろん美味しくいただいた後は舐めて綺麗にします。

この度、女王様の満足いく躾をこなしたということで女王様の専用として 初めは痛くて外したい気持ちでいっぱいでしたが、専属感やもっと満足してもらいたい 気持ち、何より誰よりも一番でありたいと思うようになり証があると n>ことだと思うようになりました。

全国にはいろんな人がいるので今では性癖を我慢しなくて良かっ ます。

女王様出会い
SM出会い

フェチなプレイが好み
SM出会い

射精管理されたいm男の気持ち

wpc04_170515

射精管理される苦しみは女性にはわからない辛さだけど、それをあえてお願いするm男はやっぱりマゾなんだと思いました。

そして、脳科学に全く詳しくありませんが、苦しみと快楽(快楽=報酬?)は切り離せないんだろうな。と勝手に思ってます。

女性に足蹴にされるのが好きで虫けらのように扱ってほしい。 女性の一部として存在したい。 というようなm男でした。

もちろん本当に好きな女性にのみ有効な感情だそうです。

サイトで知り合ったときお互い射精管理がしたい/されたいという共通点以外は全くなかったし、お互い好みのタイプではありませんでした。

しかし、会話を重ねていくうちに何となく気になりはじめ毎日相手のことを考えるようになりました。

私もハードな調教よりも射精管理激しいエッチが好きというタイプです。 あ。でもペニバン責め首輪とリードを使ってペット扱いをするのは好きです。

そんなわけで、私の知らない間にオナニーや射精をしてしまわないように貞操帯を装着。 おちんちんを固定されているので勃起することもできず哀れで可愛そうで可愛かったです。

調教時も貞操帯は外さずに鍵をチラつかせるだけ。 外から突いたり舐めるフリをしたり触ってほしそうな態度が面白かったです。

SM出会い

射精はさせてあげないものの私のペニバンをフェラさせたり肛門に入れたり、体内に溜りに溜まった精液と前立腺の刺激と肛門責めの苦しみに相当苦しかったと思います。

だけど耐え抜きました。一ヵ月耐え抜きました。

貞操帯を外した後、私は亀頭をアイスを舐めるように舌でペロペロ舐めました。 みるみる大きくなり我慢汁があふれ出す。 「入れたい。出したい」 なんておねだりするけど、させません。

顔面騎乗で私の陰部を舐めさせ存分に感じまくって、いよいよもう限界だ、というところまで焦らしました。 「お願い。もう我慢できない」

膝裏で挟んでオマンコと似たような圧力を加えると射精しちゃった。

「まだ良いよって言ってないのに~」 一か月我慢分の大量噴射。

今度は連続射精してもらおうと69でフェラをして肛門もマッサージしてイかしてあげました。

だけど最後の最後で私の望み通りにできなかったm男だから膣INはお預けにしてあります♪

 

痴女出会い
SM出会い

射精管理されたい
SM出会い

射精管理される舐め犬のm男さん

wpc04_170424

SMプレイを始めて8年になりますが、独り立ちしての調教歴は3年目を迎えた今年。
初めは先輩女王様と一緒に調教をしていました。
その時も楽しかったけど、独り立ちをしてから出会うパートナーで多いのが“初めて”の人♪
なんの初めてか?SM自体が初めて射精管理アナル調教などいろんな人の初めてを一緒に経験してきました。

最近のSMパートナーを求める人はホントお上品でとてもいいです。
たまにひっどい人もいますが、礼儀正しくしてほしいことされたくないことの約束をちゃんと守る人が多く、衛生面もちゃんとしている人が多いです。
そういう人、大好きです。

さて今回の新しいm男さんは、射精管理希望の初心者さん
女性との経験が少なくて最初はすごく引っ込み思案でした。
メールでやりとりをしていくうちにお互いの距離が近づいてリアル調教がしたいと思ったら会います。

これは私の調教ルール。
いきなり会って主従関係は結びません。
お互いが会いたいと思ったら会う。
会ってこれっきりがいいと思ったらそこまで、関係を続けたいなら継続。
いつもこんな感じです。

今回のm男さんは意気投合が早かったのでリアル調教までそう時間はかかりませんでした。
メールのやり取り中は指示通りに写メ付き報告を、射精管理の醍醐味、オナ禁を命じると、ちゃんと我慢するんです。

さすが公務員!しかも30代という若さでゴミ収集のお仕事をなさってる真面目な人。

射精管理される舐め犬

リアル調教の日。普通のラブホテルに入る。
そわそわするm男さんをリラックスさせようと部屋を薄暗くして、軽く井戸端かいぎをしました。
会話が弾んでくると男女ですもの、おのずといいムードになりお互いに服を脱がし下着になる。 「ちゃんとオナ禁できたようだから今日はすごく気持ちよくさせてあげるね」 「あぁ。よ、よろしく」 あとは想像してね♪

一番盛り上がったのは舐め犬として私の全身を舐めさせた時、ビンビンに太く硬くなったおちんちんが可愛くてフェラしたらブシャーって勢いよく射精しちゃったm男さん。
ずっと我慢してたもんね。って思いながら愛らしかったです。

舐めるのもぎこちなくて、私がお手本として舐めてあげたの。
そしたらやっぱりアソコが硬くなって手コキすると出そうなのを寸止め。
顔を真っ赤にして 「出したい」 何て言うから出ないように尿道の出口にタオルをまいていじわるさせちゃいました。

たまには快楽重視のハード調教じゃない、まったりエッチなソフト調教も楽しいと思いました。 またやりたい!

 

舐め犬・射精管理されたい
SM出会い

女王様出会い
SM出会い

「チンコ管理してください」とねだる初SM体験のM男の話し

wpc04_161212a

「どうか僕のチンコ管理をしてください痴女サイトで知り合ったM男君。 「どうしてほしいの?」 「もう、好きにしてください。責められるのが好きなんですが、なかなかそんなこと言い出せなくて…。
ここであなたに出会えたので素直に自分をさらけ出してみようと思います。」
たしかに長年連れ添っている妻・旦那、恋人でもSMプレイを持ちかけるのってけっこう勇気がいるもんね~。
だって、性生活において“自分はこうしたい”というものがあっても、それを相手に伝えたてドン引かれ気まずくなった。なんて話しをけっこう聞くから怖くて言い出せない。
だから同じ趣味の痴女サイトパートナー探しをするのだけど。

続きを読む
Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲