S女性カテゴリーの記事一覧

パフィーニップル女王様の母性調教

wpc04_170902

パフィーニップルとはぷっくりと膨らんだ乳輪乳首が特徴的なおっぱいのこと。

おっぱいのこだわりが強い私はただ大きいだけではなく乳輪や乳首もモリッとしていなければ満足できない。

しかしそんな女性とは滅多に出会えない。ましてやマニアックなSMの世界で身近にいるだろうか…。

全国を探せばいるもんです。
アメリカと日本のハーフ4世の女王様

しかも母乳が出る。

彼女は妊娠中ではありませんが、現在病院で処方されている薬で母乳が出るようになったそうです。
一次的なものだそうですが、ハーフで希望のおっぱいで女王様。文句なし。

ハーフだと感覚もハーフ

アメリカの人はストレートに愛情表現をします。
彼女も同じで何をしたいか?どうしてほしいか?はっきりしていないと嫌だと。

私はおっぱいにうずくまりたいので 「赤子のようにあやしてほしい。」 と伝えました。

期間限定の赤ちゃんプレイ

思い立ったが吉日思考の彼女は、さっそく調教部屋の寝室を可愛い物に変えました。
ぬいぐるみを置いたり、おもちゃ(アダルトグッズ)やおむつを準備したり。
もちろん彼女はママ役なのでボンテージ衣装を着たママ女王様

ずっとおっぱいをねだる赤ちゃんになりきりしゃぶりつくしました。
途中でママ女王様が絞り出して飲ませたり、おむつ交換だと言って目の前でおっぱいを揺らせながら交換してくれたり。
とにかく最高でした。

お互いセックスがしたいわけではなかったので最後が挿入ということにはなりませんでした。

希望通りのパートナーです。

こだわりがあるなら妥協せずこだわりぬいた方がいいです。
時間はかかりますが満足度合いは全然違うからです。

ドフェチプレイ専用

どんなフェチにも対応。
SM出会い

優しく包み込んであげたい

女王様と自分の世界
SM出会い

剃毛好き女王様の変態調教:チン毛もケツ毛もキレイに剃られ射精管理する

pc04_170821b

若くてきれいなS女にはお気を付けください!

自分を変えた女王様の調教。

35歳:公務員:趣味はバイクとSMプレイ。

年上の熟した魅力も好きだが、若さみなぎる勢いのある女性も好きで、パートナーを求めるときは熟女と若い女性の交互でSMプレイを楽しんでいます。

SやMなどはっきりわけるのではなく“こういったプレイがやりたい”という願望の元いつもパートナー探しをします。

今回自分は射精管理をしようとS女系痴女を探しました。

巨乳パイズリしながらフェラされ、手コキ足コキされながら精液を搾り取ったかと思えば、寸止め貞操帯装着で何日、何週間も射精を止められたり…。
そのギャップが強ければ強い程射精した時の快楽が以前にも増して大きくなっているのが自分でもわかる。

そんな絶頂な射精管理中

そんな中女王様はカミソリを持ち出し自分の毛を剃り始めました。
一応独身ではありますが彼女もちの自分。剃毛されるのは非常に厄介!! 「女王様、剃毛はちょっと考えていただけませんか?」 「お前のチン毛やケツ毛が邪魔なんだけど文句あるの?」 剛毛な自分は言い返すことが出来ずすね毛、胸毛共にツルツルにされていしまいました。

自分はジムで筋トレもしており体にはそこそこ自信があったのですが、鏡の前に映った自分の姿を見たときの哀れもない姿に消沈してしまいました。

不思議なことに…

しかし、そんな消沈していた私ですがその後の射精管理が前にもまして気持ちよく感じるのです。
支配された感が強まった。
女王様の調教しやすい体になった。
毛を失ったことで女性のような気持ちになった。

自分の中で何かしら心情に変化が起きました。

それからの調教というのは今まで舐めてくれなかった部位も舐めてもらえたり、チンコの扱いもそれまで以上に愛情を持って接してくれるようになりました。

恥ずかしさや、彼女のツッコミが収まるまで少し違和感続きでしたが 「エッチしやすいように剃った」 と言ってごまかしてます。

慣れると不思議なもので彼女との性生活も前以上にうまくいき女王様の剃毛と射精管理のおかげだと思いました。

SM出会い

経験豊富な女王様がたくさんいらっしゃいます。
SM出会い

SM即愛クラブ

どんなプレイがしたいか決めてきてね☆
SM出会い

元SM女王の私が前立腺開発をすると男はとたんにメス化するの

pc04_170821

SMの世界はとても素晴らしく楽しく奥深いものです。
見よう見まねでプレイをしても失敗も多く自分の不甲斐なさを感じ、相手に気持ちの良い快楽を与えることはできません。

一般的な職業でも仕事について知識や経験を深め勉強すると思いますが、SMの世界も同じです。
S女がマゾの気持ちを理解するように初めM女を経験すしたり、緊縛講習会に参加したり調教のやり方などはやはりベテランの先輩に教わります。

SMも知識が大事です。

縄で縛ると一口に言えどそこにエクスタシーを感じなければただの暴力。
縛られるほどに快楽を感じ気持ちよくなる。
お尻や脚フェチな人にはお尻またはツマ先で踏みつけたり、匂いをかがせたり。

人は好きなものに触れ、好きなものを感じている時に幸せホルモンを分泌しそれに満たされたい、埋め尽くされたいと思うものです。
マゾともなるとそれにめちゃくちゃにされたいと思うのです。

前立腺開発のはじまり

私は射精管理緊縛を得意としていましたが、もっと敏感に気持ちよくなってもらおうと前立腺開発を極めることにしました。

と、まぁ、初めは詳しくもなく興味と快楽のためにとりかかりました。

そして、体内にある臓器など指で分かるものか!と思っていましたが回数や男性の反応を見ているうちにコツをつかみ今では得意技となっております。

前立腺は膀胱の下にあり精嚢が隣接する器官。まぁこれはWikiに詳しく載ってます。
お腹を奥の方から突かれるような感じ、女性と同じように喘ぎ声をあげます。
その感じている様がとても幸せで夢中になっているうちにメス化する男性多数。

どう気持ちいのか詳しくは調教を受けてみてね♪

気持ちよさの変化

射精するのが一番の快楽のオスが前立腺開発でする。
オスでありながらオスとメスの快楽を味わうことが出来るのは男性だけ。

両方好きという人もいらっしゃれば、やっぱり射精が好きという方も、前立腺のドライオーガズムが好きという人も最近はホント増えました。
そして前立腺の方がイクという人はペニスの大きさもどことなく小さくなったように思います。
もちろん全員ではないです。
女体化とでも言うのでしょうか、前立腺でイキすぎて私のペニスバンドを欲しがったりします。

かわいらしくてちゃんとついてあげますが、この時はお互いに絶頂、まさにエクスタシーを感じております。

もっと調教したいと願います。
気持ちよくなったアナタの姿、淫らな姿を私にさらけ出し気持ちよくなってもらいたい。
それが私の幸福にもなっております。
男性のみなさんぜひお待ちしております。

S女探し

S気質の女性は美しい。そんな女性に躾けられたい。
SM出会い

淫乱S女様

気持ちがいいと言わせたい。
SM出会い

種類が豊富なのが素晴らしい!とりあえず無料期間お試し

wpc04_170506e

今は動画を見るのも簡単になりました。

今までわざわざ登録してまで動画を見ようとは思いませんでした。
初めはあまり気が進まなかったのですが友達にすすめられて見ていたら、これがけっこう良くてハマってしまいました。

sm

続きを読む
2017/06/06

女王様の調教が過激すぎて…『金蹴り・去勢プレイ・尻叩き』

wpc04_170601a

初めは射精管理とか前立腺の刺激だけにとどめておくつもりだったのですが…。

私の女王様は鬼畜調教が好きなハードSM嗜好者でした。

しかし気づけは虜になっていくのを感じました。
これが脳内麻薬というやつなんでしょうか…。

お昼は薬剤師をしている女王様は壇蜜似のどこか妖艶でエロさを感じる人でした。
長い黒髪を揺らし、ボンテージ衣装を身に着けた女王様はまさに神のように美しいです。

始まりは射精管理から

sm

躾通りにこなすとご褒美として聖水を飲ませてくれたり、射精許可を出してもらったりしました。

次は前立腺を開発

sm

アナルにジェルをたっぷり塗り女王様の細くて温かい指を私の体内に入れグイグイ責められました。
初めは痛いもののその刺激がだんだん気持ちよくなっていきオーガズムを感じるようになりました。

次第に調教はハードに

sm

四つん這いが基本ポーズとなるころ、女王様の黒くてたくましいペニバンをしゃぶったり、アナルに頂いたりし始めたころ、鞭で尻叩きをするようになりました。

痣が出来たり、うっすらとうっ血したり痛いのですが、私の性器は感情と裏腹に立っていくのです。

次第に、金蹴り玉つぶし(実際につぶされてません)玉緊縛など調教が激しくなってきました。

女王様曰く 「昔の中国では王に仕えるとき性器を切って忠誠を誓ったのよ?
一生従えたいから去勢もいいけど、できるプレイが少なくなるからコレ(性器握って)は私の好きなように扱わせてもらうわね」

「どうぞ。仰せのままに」

一定期間を越えると痛みは本当の快楽に変わります。
今となってはもっと激しく、もっとハードに、これ以上はどうにかなってしまうというところまで女王様のお好きなように自分を使ってもらいたいです。

 

女王様に管理されたい
SM出会い

射精管理されたい
SM出会い

Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲