S女性カテゴリーの記事一覧

種類が豊富なのが素晴らしい!とりあえず無料期間お試し

wpc04_170506e

今は動画を見るのも簡単になりました。

今までわざわざ登録してまで動画を見ようとは思いませんでした。
初めはあまり気が進まなかったのですが友達にすすめられて見ていたら、これがけっこう良くてハマってしまいました。

sm

続きを読む
2017/06/06

女王様の調教が過激すぎて…『金蹴り・去勢プレイ・尻叩き』

wpc04_170601a

初めは射精管理とか前立腺の刺激だけにとどめておくつもりだったのですが…。

私の女王様は鬼畜調教が好きなハードSM嗜好者でした。

しかし気づけは虜になっていくのを感じました。
これが脳内麻薬というやつなんでしょうか…。

お昼は薬剤師をしている女王様は壇蜜似のどこか妖艶でエロさを感じる人でした。
長い黒髪を揺らし、ボンテージ衣装を身に着けた女王様はまさに神のように美しいです。

始まりは射精管理から

sm

躾通りにこなすとご褒美として聖水を飲ませてくれたり、射精許可を出してもらったりしました。

次は前立腺を開発

sm

アナルにジェルをたっぷり塗り女王様の細くて温かい指を私の体内に入れグイグイ責められました。
初めは痛いもののその刺激がだんだん気持ちよくなっていきオーガズムを感じるようになりました。

次第に調教はハードに

sm

四つん這いが基本ポーズとなるころ、女王様の黒くてたくましいペニバンをしゃぶったり、アナルに頂いたりし始めたころ、鞭で尻叩きをするようになりました。

痣が出来たり、うっすらとうっ血したり痛いのですが、私の性器は感情と裏腹に立っていくのです。

次第に、金蹴り玉つぶし(実際につぶされてません)玉緊縛など調教が激しくなってきました。

女王様曰く 「昔の中国では王に仕えるとき性器を切って忠誠を誓ったのよ?
一生従えたいから去勢もいいけど、できるプレイが少なくなるからコレ(性器握って)は私の好きなように扱わせてもらうわね」

「どうぞ。仰せのままに」

一定期間を越えると痛みは本当の快楽に変わります。
今となってはもっと激しく、もっとハードに、これ以上はどうにかなってしまうというところまで女王様のお好きなように自分を使ってもらいたいです。

 

女王様に管理されたい
SM出会い

射精管理されたい
SM出会い

女王様に忠誠を誓うM男の定義<とっても美味しいアナル

wpc04_170530

「女王様に忠誠を誓います」
というM男はいるけど、どこまで真剣に心身ともに捧げることが出来るのか?

私はいつもこうします。

アナルを舐めさせる。

舐め犬志願者聖水ください。という人も多いけど、アナルって好きだけど味わうのはちょっと勇気がいるという人は意外にいる。

忠誠を誓うなら私の全てを好きになってもらい、私も全てを好きになる覚悟がないとパートナーとしてやっていけない。

そんなわけで、M男の顔にまたがりクンニをさせた流れでアナルも舐めるように促す。

sm

最高の忠誠心とは黄金を受け止めれるかどうかだと思うけど、これはまた別の話しになるよね。
スカトロ苦手は人にはさせない。
でもアナルも愛情を持って舐めて綺麗にしてくれたら、私、失禁しちゃう。
いつもそう(笑)

だからそんなM男がいるとお口直しに聖水を飲ませてあげます。

アナルも舐められるようになると、お尻に顔をうずめて積極的に舐めてきたリ、足の指や脇などニオイのある部分もおいしそうに舐めてくれる

sm

お互いに全てを受け入れるとやっぱり愛情を持って調教ができる。
M男大好き。ラブです♪
もっといろんなM男に会いたいからパートナー探しはこれからもずっとしていくと思います。

女王様会い
SM出会い

フェチ嗜好者の為のサイト
SM出会い

丁寧にじっくり愛撫し舐め犬として女王様にご奉仕します。

wpc04_170318

昼顔は普通のサラリーマンですが、夜顔は女王様のペットです。
SMサイトで女王様のプロフィールを見たときビビビッと一目ぼれしてしまいました。
この方に虐げられたい、イジメられたい。そう強く感じました。
この方はどんな調教をしてくださるのだろう。

続きを読む

不細工カップルを巻き込んでの飛び込み乱交SEX

wpc04_170303

私の彼女は性奴隷。
首輪にリードを付けて散歩に出かけていた時、薄暗い階段下の踊り場でディープキスをしていた不細工カップル。 「おぉ。すごいのやってんな」 ケツ鷲掴みの彼を見ながらこの後ホテルだな。なんて思ってました。
そこで思いついてしまった。乱交SEXになったら面白うそう!!

そんなわけで、私たちも少し離れたしかし視界には入る場所で彼女のリードを引っ張りながらディープキスをしながら乳を鷲掴みしてみる。

続きを読む
Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲