今日のピックアップ

同性とは思えな程にドキドキさせてくれるニューハーフたち

主な嗜好
ニューハーフ
メインユーザー
男?20代~
ペニクリANGEL

おちんちんのついたお姉さんと出会いたい。好みに合わせて責める側、責めららる側両方のタイプが揃うニューハーフ出会いサイト!

新着記事

射精管理される舐め犬のm男さん

wpc04_170424

SMプレイを始めて8年になりますが、独り立ちしての調教歴は3年目を迎えた今年。
初めは先輩女王様と一緒に調教をしていました。
その時も楽しかったけど、独り立ちをしてから出会うパートナーで多いのが“初めて”の人♪
なんの初めてか?SM自体が初めて射精管理アナル調教などいろんな人の初めてを一緒に経験してきました。

最近のSMパートナーを求める人はホントお上品でとてもいいです。
たまにひっどい人もいますが、礼儀正しくしてほしいことされたくないことの約束をちゃんと守る人が多く、衛生面もちゃんとしている人が多いです。
そういう人、大好きです。

さて今回の新しいm男さんは、射精管理希望の初心者さん
女性との経験が少なくて最初はすごく引っ込み思案でした。
メールでやりとりをしていくうちにお互いの距離が近づいてリアル調教がしたいと思ったら会います。

これは私の調教ルール。
いきなり会って主従関係は結びません。
お互いが会いたいと思ったら会う。
会ってこれっきりがいいと思ったらそこまで、関係を続けたいなら継続。
いつもこんな感じです。

今回のm男さんは意気投合が早かったのでリアル調教までそう時間はかかりませんでした。
メールのやり取り中は指示通りに写メ付き報告を、射精管理の醍醐味、オナ禁を命じると、ちゃんと我慢するんです。

さすが公務員!しかも30代という若さでゴミ収集のお仕事をなさってる真面目な人。

射精管理される舐め犬

リアル調教の日。普通のラブホテルに入る。
そわそわするm男さんをリラックスさせようと部屋を薄暗くして、軽く井戸端かいぎをしました。
会話が弾んでくると男女ですもの、おのずといいムードになりお互いに服を脱がし下着になる。 「ちゃんとオナ禁できたようだから今日はすごく気持ちよくさせてあげるね」 「あぁ。よ、よろしく」 あとは想像してね♪

一番盛り上がったのは舐め犬として私の全身を舐めさせた時、ビンビンに太く硬くなったおちんちんが可愛くてフェラしたらブシャーって勢いよく射精しちゃったm男さん。
ずっと我慢してたもんね。って思いながら愛らしかったです。

舐めるのもぎこちなくて、私がお手本として舐めてあげたの。
そしたらやっぱりアソコが硬くなって手コキすると出そうなのを寸止め。
顔を真っ赤にして 「出したい」 何て言うから出ないように尿道の出口にタオルをまいていじわるさせちゃいました。

たまには快楽重視のハード調教じゃない、まったりエッチなソフト調教も楽しいと思いました。 またやりたい!

 

舐め犬・射精管理されたい
SM出会い

女王様出会い
SM出会い

2017/04/29

40過ぎてもママも前では赤ん坊!おむつ着用幼児プレイ

wpc04_170422a1

40代後半の男性。会社では役職持ちでもここでは3歳児。
いつも調教用の赤ちゃん部屋で幼児プレイをします。 「あら、どうしたのー?」 「おしり痒い(グスン)」 「おもらししちゃったかな~。お尻みせてくれる?」 「うん」

そう言ってズボンをおろした。
このM男は標準装備でおむつをしている。
本格的な幼児プレイが好きなんだと実感します。

「いっぱいおしっこ出てるね~。取り替えましょうね~」 「あい」 M男はおむつを手に持ってこちらに渡した。

「いい子ね~。」 M男はおちんちんを握ったり振り回したりして遊び始めました。
なので私も一緒に握ってあげました。 「う゛ぅぅぅ」 「あら、おっきくなってきたわね」 そのまま手コキをしてあげると、びゅびゅっと精液を出す。 「なんか出たよ」 「そうね。なんか出たね。」 そう言いながらおもちゃを取り出しM男に渡してみた。

sm

おもちゃといっても赤ちゃん用のおもちゃではなく大人のおもちゃです。
バイブを咥えたり、股間にあてたりして遊んでいました。

突然ぐずりだすM男。どうやらおっぱいの時間みたい。
「お腹すいたのかな~?
じゃあおっぱい飲みながらおむつ履きましょうね」

乳首に練乳を垂らし吸わせながらおむつを履かせました。
おむつがもっこり膨らんでいたけどママも付きっきりでお世話できないからおしゃぶりをあげました。

いくつになっても甘えん坊の男の子はかわいいな~と思いました。

 

おもらし・おむつ フェチプレイ
SM出会い

甘えたい人へ
SM出会い

2017/04/22

<M⇒Sへ>SMサークルで酔いつぶれた痴女をM奴隷にする

wpc04_170420

複数のOL痴女たちに踏みつ責められ罵倒されようとSMサークルに登録。
最初はそう思っていたのですが、酔いつぶれた痴女達を目の前にしたとき雄の本能が呼び覚まされた。

初めはメール調教からでした。
一か月後に会うと約束をしていたのでその期間オナニーやエロ動画など痴女たちの命令意外のエロは一切禁止。
もちろん射精も禁止だったので射精管理もしました。
連絡は毎日取り痴女たちの命令に従い結果報告をしていく。

それだけでもいつもと違う日常が楽しくもあり、それと同時に射精できない苦しさもあり(笑)

SMサークルの痴女たちの調教を受ける当日
待ち合わせ場所に集合するとみんなでご飯を食べに行きました。
調教前の腹ごしらえは大事!
そして大きな調教部屋まで行くとタカが外れたように痴女達は女豹となったのです。

sm

タイトスカートから覗く脚やお尻におしつぶされる。
射精管理もしていたので手コキ、足コキ、フェラの挙句寸止め。 「あ゛!!!もう出る!!!」 となると連続射精でヘロヘロ。とことん性器を乱暴に扱われる。
だが、気持ちがいい!!
ほかほかのパンストを脱ぎ私の口に入れたり、手足を縛ったり、チンコ首輪と言って結び付けたり。
3人の痴女全員の舐め犬にされたり。
精液は一ヵ月我慢した以上分吸い取られました。
体もつねられ、チン踏みされ、目の前がおっぱいまるけになったり気持ちよすぎて死ぬかと思いました。
これだけの女性に自分だけが注目され責められるのは本当に気持ちがいいんだと実感しました。

痴女たちが酔いつぶれる

食事の席でアルコールも入っていたし、調教中でも飲んでいたので私も痴女たちも酔いが回ってきたころ。
何もかもがユルユルになり寝てしまう痴女もちらほら。
性欲旺盛な痴女といえど20代の若い女の子はアルコールに弱い子が多い。
アソコを露わにガバッと足を開き寝ちゃった痴女。
うとうとし始める痴女。
起きてるけどふらふらの痴女。
そんな彼女たちを見ていたら次は責めたくなりました。
これが雄の本能というものでしょうか?
私のアソコもこれ以上は無理というくらい精子搾り取られたのにビンビンに硬くなり、痴女たちに加えさせたり、アナルやマンコを犯したりしました。
乳首や尻を叩くと 「やだぁ。なにするのぉ~?痛い」 なんてうつろな目で笑っていました。
もちろん全員に中出ししたのでだれか孕まないかとちょっと楽しみにしています。

痴女と遊びたい!
SM生遊戯

乱交したい!
乱

2017/04/20

m女の乳首とマンコとアナルを肥大化させたい!痛快快楽調教

wpc04_170418a

最近楽しいm女調教は道具で責めるパーツ責め。
乳首やマンコに洗濯ピンや割りばしで挟んだり、そこに錘を付けたり、家にある日用品でお手軽調教をしたりします。
また、DXプレッシャーゲージポンプという道具を使って部位を吸引し肥大化させています。
他にもニップルポンプやニップルチェーンで挟んで引っ張ったりすることもあります。

乳首と性器は体の中でも特に敏感な部分なのでちょっとした刺激でも気持ちよくなれるのでいいですよね♪

続きを読む
2017/04/18

子宮崩壊は当たり前!次は変態M女を野外調教【2】

wpc04_170412

4月といえば桜。桜と言えばお花見。お花見と言えばライトに照らされた桜の木の下でお花見調教
そんなわけで変態M女を野外調教に連れ出しました。

野外調教の注意点は人に見つからないこと!
いや。見つかってもいいんだけど大事になることは避けたい。
だかららこっそり堂々と調教開始

続きを読む
2017/04/15

SMマッチングサイトの分析

調教したい?されたい?[SM LIFE]

wpc04_sli

MもSも男も女も出会えるオールマイティSM出会いコミュニティ。 女性のSMへの興味も多くなった現在の受け皿になっているのは女性誌や女性向けサイトに広告を掲載しているからだろう。 女性の会員数が他のサイトに比べて多い様だ。…

続きを読む
2015/02/25

おむつ・放尿…ソフトスカコミュニティ[おしめり遊戯]

wpc04_osy

お漏らしやオムツプレイが好きな変態フェチの出会いコミュニティ。 おしがま遊びやオムツでおもらしなどソフトなプレイはとっつきやすいのでとても人気がある。 ソフトSMは愛好者が多いのでパートナーを見つけるのも比較的簡単といえ…

続きを読む
2015/02/25

あふれ出す性欲[痴女サークルSAFARI]

wpc04_sfr

受身になって攻められたい男性と痴女の出会いコミュニティ 女性に襲われる様なセックスの需要が男女ともに広がっている。 肉食系女子と呼ばれる生き物はちんぽをむさぼる様に食らいたいと願っている そんな痴女とMっ気のある男性のコ…

続きを読む
2015/02/25
Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲