性器改造のメリットデメリットを解説

wpc04_160519a

性器改造の経験は皆さんありますか?
僕は女性器にピアスが刺してあるのを見るととても興奮するので、もう何年もピアッシングの経験を積んでいます。

ラビアピアスのつけかたからメリットデメリットまで幅広く何でも知っています
「性器改造やってみたいけどなんか怖い」、「なんか病気にならない?」など、

性器改造に不安や疑問を抱く方はとても多いです。
なので性器改造のメリットデメリットを紹介したいと思います。

メリット

・マンコの感度が良くなる

性器改造すると感度が良くなるといった話は聞いたことはないでしょうか?
はっきり言うとこれは事実です。
個人差はありますが愛液(マン汁)の排出量は2倍~3倍になります。
膣の中がびちょびちょになればいつものセックスが何倍も気持ちよく感じることができます。
これは性器改造の最大のメリットです。

・見た目に華がある

ラビアピアスがついているマンコとついてないマンコでは見た目の華やかさが全く違います。
サドの人は見た目が自分好みのワギナに近づけば近づくほど興奮しますよね。
性器改造することによって自分が得られる興奮度も倍増します。

・主従関係がより明確になる

ピアスや指輪は昔から愛の証として扱われてきました。
ラビアピアスをすることで奴隷と調教師の関係がより密になるのでおすすめです。

デメリット

・化膿する可能性がある

体質やアフターケアにもよりますが人によってはピアッシングした場所が膿んでしまうこともあります。
病院でピアッシングすれば化膿する可能性は低くなりますがゼロではありません。
デリケートエリアのことなので化膿しないかどうかすごく気になるところですが、
一言ではなんとも言えません。

・ニオイがきつくなる

これも個人差があるのでなんとも言えませんが、マンコには自浄作用があるので膣の中は臭くなくても、
陰毛、ピアスからニオイが発生するので人によってはニオイの刺激が強くなります。

まとめ

以上のようなメリットデメリットをあげましたが、僕個人的にはピアッシングにはとても賛成です。
性器改造はは誰でも楽しめるマストコンテンツです。

最終更新日: 2016年10月20日

お友達サイトの更新情報

Copyright©2018
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲