鬼畜道に堕ちる変態カップル

wpc04_160329a

僕は2週間前に奴隷ができました。
自分は変態すぎる性癖の持ち主なので今までマゾ女を調教しても、あまりの変態ぶりに驚いて逃げていきました。

専属の奴隷が欲しい僕はド変態のドM女を探すためSMサイトを利用しました。
ここで出会ったのが今の専属奴隷の女です。

普段は事務で働くOLですが、身体には15箇所以上のピアスが空いています。
ニップルピアス、ラビアピアスもちゃんとついています。

驚くことに彼女は調教未経験でピアスは全て自分であけたそうです。
彼女も自分の性癖を受け入れてくれる人がいなくて困っていたそうです。

とんでもないマゾ女と出会った僕はすぐに調教してあげました。
僕の特技は電気責めと蝋燭責めです。

まずは、ニップルピアスを乳首が千切れるぐらいまで引っ張ります。
CカップのおっぱいがEカップぐらいまで膨らんでいます。

普通のマゾ女は痛みに耐えきれずに中止して欲しいと言ってきますが、
このメス豚は嫌がるどころか、もっと欲しいとおねだりしてきます。

電気責め

奴隷を横に寝かせて低温蝋燭を上からビチャビチャと垂らしてあげます。
ロウが落ちるたび熱さで彼女の身体がうねります。

熱の次は電気責めです。
電流のターゲットはマンコです。大陰唇から小陰唇と徐々に膣に近づくように責めます。

メインディッシュはクリトリスです。
過去にクリトリスを電気責めして気絶した人もいますが、なにふり構わず鬼畜に責めます。

「バチッバチッ」

「きゃあぁぁーー」

本当に失神するんじゃないかと思うぐらい大声を挙げた後、
クリトリスを見てみると真っ赤に腫れあがって火傷しています。
性器改造を許してくれる女と出会ったのは初めてで僕は大満足です。

お友達サイトの更新情報

Copyright©2018
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲