お前のアナルは私のモノ、全てを奪う女王様

生まれてこの方マゾ一筋のM男です。
SMプレイで女王様に羞恥プレイは散々調教されてきました。

首輪をつけて1日中犬のモノマネをしたり、外で葉っぱ1枚で散歩させられたり、
数々の辱めを受けてきました。

ただ、羞恥プレイには1つ弱点があります。
それは恥ずかしさに慣れてきて、恥ずかしいという感覚がなくなることです。

僕はもう羞恥心もプライドも全て捨てたので、
どんなプレイ、調教を受けても何も感じないと思っていました。

そう考えてた僕は、いつものように女王様に調教されていると、
見たことのない道具を持ち出しました。
よく見るとそれはペニスバンドです。

「今日はお前を犯してやるよ。」

犯される…初めての感覚に感じたことのない胸のざわつきを覚えます。
犯されている自分の姿を思い浮かべるとホコリをかぶって忘れかけていた、
羞恥心が蘇ってきます。気付けばチンコも大きく勃起しています。

「早く犯されたい。」

僕は心の中でそう思いました。
女王様の方にお尻を向けて早く入れて欲しいとおねだりします。
アナルに冷たいプラスチックのモノが入るのがわかります。

犯される

「おい、女みたいに恥ずかしい声で喘ぎ声をだせよ。」

「ん、いやぁ、あぁ」

僕は命令通り女性のようなあえぎ声を出します。
バックが終わると次は正常位に体位を変えます。

この時気付いたのが女王様はスマホで撮影しています。
いつのまにかハメ撮りされていたのです。

あの恥ずかしい声も撮られていたかと考えると、
顔が真っ赤になりさらに興奮します。

最後は情けなくトコロテン射精してしまいました。
女王様にハメられるのは新境地を開拓してくれますよ。

最終更新日: 2016年3月17日

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲