2016年流行する女王様のジャングルファイヤー

wpc04_160301a

マゾ女を調教したことはありますか?
S男ならマゾ女を調教した経験をお持ちの方も多いと思います。

しかし、マゾ女を調教しただけで満足していませんか?
最近、調教に物足りなさを感じていませんか?

実は僕も少し前までこのような物足りなさを感じていました。
この状況を打破すべくマゾ女ではなくサディスティックな女王様を逆調教することにしました。

マゾ女の人脈は豊富ですが、女王様の人脈は皆無です。
新しく人脈を開拓するため出会い系のサイトを通じて女王様と出会うことにしました。

女王様と出会うためにはマゾ男のフリをして女王様にメールを送ります。
慣れないM男のフリは本当に大変でした。

やっとの思いで出会うことのできた女王様はスラッとしたスタイルで、
目鼻立ちのハッキリしている気の強そうなTHE女王様みたいな女性でした。
この女はまだ僕がマゾだと思い込んでいます。

逆調教のゴングの鐘が鳴る

部屋に入ったとたん僕は彼女の髪の毛を掴んでベットに投げ飛ばします。
彼女はあまりの驚きにあっけにとられています。

「何すんだよ!!」

何って、今からお前を調教するんだよ。」

「はぁ~!!ふざけんな!!」

反抗されれば、されるほど興奮するのはSの性なのでしょうか?
彼女がなんと言おうと問答無用で調教します。

女王様が抵抗しないように両手を後ろで拘束します。
うつ伏せにさせてお尻を叩きます。

拘束 尻叩き

「やめろ!!やめろ!!」

女王様はまだ必死に抵抗します。

「もっと教育が必要だな。」

持っていたライターを取り出し彼女の陰毛に火をつけます。

「熱い!!」

女王様は熱さのあまりのたうちまわります。
彼女の顔を見るともうあの気の強い眼差しは消えています。

「お前は俺の奴隷だいいな?」

「はい、よろしくお願いします。」

女王様が奴隷に成り下がった瞬間は最高です。
その後はご想像の通り美味しく女王様をいただきました。笑

2016/03/01

お友達サイトの更新情報

Copyright©2018
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲