地獄の貞操帯プレイ

tei2

射精も勃起も制限されたことはあるでしょうか?
制限されればされるほど喜びを覚えてしまうのが、
ドMの性です。

ドMの僕は女王様を探すべくSMサイトの出会い系に登録しました。
サイトを見ていると「管理されたい人募集」と書いていた女王様がいたので
すぐにメッセージを送り会うことになりました。

サイトでメッセージのやり取りをしているときに
「今日から射精禁止」
とご主人様からの命令があり、もう1カ月間オナニーしていません

早く射精したいと思いながらホテルに行きました。
服を脱がされご主人様がチンコを触ってきます。

「やっと射精できる」
心の中で歓喜の声をだしていました。

ご主人様はカバンの中から貞操帯をとりだし
僕のチンコに装着しました。

なにもできない貞操帯

金属でできた貞操帯は外部からの刺激を一切遮断します。
先のほうは穴があいていてチンコのさきっぽだけが少しでます。

貞操帯

ご主人様に貞操帯の鍵をかけられ、自分ではずすことができません。
すごくムラムラしているのに勃起することもできない。

この焦らされている感覚がM男にはたまらないのです。
ご主人様が乳首を舐めてきます。

勃起したいのに、できない辛そうにしている僕の顔を見て、
女王様はご満悦の表情をうかべています。

ディープキス、クンニ、乳首責め、などのプレイをしても
勃起できない、この苦しみはMにとっては喜びにかわります。

最後にご主人様は貞操帯の外にでているチンコのさきっぽを
舌でペロペロしてきました。

女王様の唾液にチンコは大喜びです。
しかし、勃起はできません。

結局今も貞操帯をつけたままです。
我慢する喜び、あなたもわかりますよね?

お友達サイトの更新情報

Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲