性器ピアスはM男のプライド

wpc04_1512281

誇りを持つことができるのは人間という生物だけでありますから、SMにおけるマゾ男にもそれなりのプライドというものがあるのです。
ブラック社長に仕えて退社時間が遅れることに誇りを持つ真症マゾ奴隷が居るのと同じように、女王様に仕える真症マゾ男は女王様に虐められ続けるために、女王様の名が彫ってある性器ピアスをペニスに埋め込むのです。

痛みがあればこそ

男性器へのピアッシングと呼ばれるピアスの取り付け施術は、とても強い痛みを伴うゆえに、相当の覚悟がなければまずやり遂げることができません。
しかしだからこそ、そのような性器ピアスを取り付ける意義があり、そのような身体改造を行う価値のある女王様に出会えた悦びを実感できるのです。

M男

今ではドMな男とドSな女王様が神聖な主従関係を結べる、とても便利な出会いサイトがネット上に存在します。

このてのサイトで本当に尊敬できて服従できる女王様に出会い、奴隷としての究極の悦びと快楽を味わうことができれば、人はどこまでも痛みに耐えて性器ピアスを取り付けることができるのです。
ただ自分はマゾなのだと自覚しているだけでなく、本当の意味で他人に誇れるマゾ男になってみたいのであれば、まずはSMサイトで迷わず運命の人と呼べる素晴らしい女王様と出会ってみてほしいと思います。

2016/01/02

お友達サイトの更新情報

Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲