舐め犬M男として女王様に飼われるために

舐め犬とは女性の性器や身体を延々と舐めるだけの男性の事。
広く知られているのはクンニを長時間することが基本ですが、足や指、アナルなど舐め犬に舐めさせる箇所は多岐にわたります。
舐める男性と舐めさせる女性との関係があって成り立つプレイであり、近年ではSM出会いサイトや掲示板などでも広く募集されるようになりました。
しかし、一昔前から舐め犬として挿入無しのクンニオンリーを餌に女性と近づき、セックスに持ち込もうとするエセ舐め犬が蔓延している問題はいまだに根強く残っています。
そういった輩が多くいる事で、出会いたくても出会えない本気の舐め犬希望の男性が悔しい思いをしている今日。
その分舐め犬を飼おうとしている女性の目も厳しくなり、かなり厳選されてしまうのが出会い系や掲示板での現状でもあります。
今回は舐め犬として女性に飼ってもらうために必要な事柄、心得をまとめてみました。

舐めるだけ

女性から指示された箇所を延々舐めるだけで、それ以外は何もしないのが基本。
クンニであればクンニのみを行い、女性器のどこをどう舐めるかはある程度一任してくれます。
女性側の気分が乗ってきてセックスを要求される事もありますが、舐め犬側から何をどうしたいかなど求めることはしません。

何時間でも続ける

女性側が満足するまで休まず舐め続けられるスタミナを必要とされます。
本当にクンニや身体を舐めるのが好きで、その先にセックスや射精が無くても楽しめてしまう男性はほんの一握り。
まずはクンニや舐める事が本当に好きなのかどうかを自分に問いましょう。
そして先述の通りあわよくばセックスをしようとする輩や、もともとセックスが目的で舐め犬を自称する輩が多く、女性側も警戒しています。
長時間舐めたことによる見返りをしない事、セックスでなくてもフェラチオを要求したりキスや手コキなどを要求するのも筋違いという事を自覚しましょう。

満足させる

基本的に舐め犬は立場が下です。
クンニが好きだから舐めさせてもらっているのですが、自分だけがクンニをして満足するだけでは今後に繋がりません。
どうせなら試行錯誤を重ね、出せるあらゆるテクニックを駆使して女性をイカせて満足させましょう。
何時間も同じ箇所を同じペースで舐めていてはマンネリ化してさすがに飽きが来ます。
舌の硬さや緩急をつけた舐め方、吸い付きの強度や音の代償など、バリエーションはいくつか持って置いた方が良いですね。

エセ舐め犬と思われないために

舐めるだけの「舐め犬」を自称し、女とセックスする簡単な方法として流行った結果、某アダルト雑誌にも取り上げられた事で爆発的にニセモノが増えてしまった過去があります。
また近年の男性はフェラチオはさせるクセにあまりクンニをしたがらず、普段からクンニをしてほしい女性が多いです。
需要が高い分、そういったニセモノに狙われてしまう女性も多く、自然と舐め犬との出会いに対して厳しくなっていきました。
そんな中でもしっかりと舐め犬として飼われるためには、流行り献身的に舐めるだけの本当の舐め犬をアピールする事。
根っからの舐め犬である某男性は自身のブログを開設して、それを読んで興味を持った女性がメッセ―ジを送るなど、舐め犬希望の女性を獲得しています。
それが出来なくても、出会い掲示板などを活用し、謙虚な姿勢と紳士的な態度で挑みましょう。
掲示板を活用する舐め犬募集の女性の間では、「本当の舐め犬は足を舐めるのも好き」という共通認識を持っている事も。
とにかく舐めるだけでOK・他は何もいらないという気持ちを伝えるのが大事です。
逆に舐め犬として出会いにつかってはいけないツールとしてTwitterが挙げられます。

最終更新日: 2020年1月13日

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲