【クンニ要員】舐め犬として女王様に飼われたいなら

舐め犬とは、クンニをするためだけに女性に飼われている男性の事で、舐める以外のセックスやフェラなどは一切しない関係の事を言います。
クンニでなくても、女性によっては足や脇など様々な部位も舐めるように指示されるのでその都度従うのが基本となります。
意外に舐め犬を探している女性や女王様は多く、自分の都合のいい時に呼び出して舐めさせ、
無理なセックスもする必要無くイク事が出来る事から、Sっ気のある女性たちからの需要があるのです。
ただ舐め犬を探す女性にも苦悩があり、舐め犬を募集する掲示板などでは単純なヤリ目男性はもちろん舐めた後の代償を求める人や冷やかし、業者なんかがあまりにも多いためホンモノの舐め犬を見つけられずにいます。
また本当に舐め犬になりたい男性側も、そういった男性たちの存在が多い分警戒されてしまい、良いパートナーと出会える機会が少なくなっているのが現状です。
今回は、そんな本当の舐め犬希望な男性が舐め犬募集の女性に飼われるために気を付けるべき点をまとめてみました。

舐め犬を求める女性を知る

舐め犬男性も、舐め犬を求める女性もお互いの利害が一致しないとパートナーとして成立できません。
長く関係を続けたいのか、一回キリの募集なのか、後々言い分が食い違ってしまわないようにお互いの希望と理想はちゃんと把握しておきましょう。
以下に舐め犬を求める女性はどんな女性なのか大まかに分けてみました。

何となく興味を持った女性

舐め犬という呼び名の響きや自分の都合のいい時に男を使える利便性から、何となく興味本位で募集してみた女性も多いです。
クンニや舐め犬に対してそこまで思い入れも無いため、こういった女性は一回きりで終わる事も少なくはないでしょう。
単純なセフレの関係でキープ出来れば良い方です。

クンニが好きな女性

単純にクンニが好きで、セックスよりもクンニでイク方を希望している女性です。
クンニが好きな分、テクニックを求める傾向もあり、自信の満足の行くクンニをしてくれる舐め犬でないと長続きはしないでしょう。
このタイプの女性は、一人で何人もの舐め犬を飼っている人も多いため、自分より上手に舐めてくれる男性が見つかったり、他の舐め犬との違いを見せれないと呼ばれる回数も減っていってしまうでしょう。

挿入が苦手、イケない女性

通常のセックスではイケず、むしろセックスがあまり気持ちよく感じなかったリ嫌いだと思っている女性も舐め犬を募集しています。
他のタイプの女性と比べるとあまり多くないタイプではありますが、本当にクンニだけさせる関係を求めているため、
もしかしたらご褒美やおねだりしたらフェラしてくれるかも、などそれ以外の追求や期待もまったくできない割り切った関係になります。

舐め犬として飼われるコツ

舐め犬を求める女性を大まかに知ったうえで、舐め犬として飼っても良いな・飼いたいなと思わせるコツについて見て行きましょう。
先述の通り、舐め犬掲示板などではエセ舐め犬やヤリ目舐め犬など、ニセモノも多い分、ちゃんと根っからの舐め犬と思ってもらう事が重要になってきます。

足も舐めれるか

ただ舐めたい、延々クンニしたい、とにかく舐める事がフェチな本物の男性は、共通して「足を舐めるのも好き」という事。
舐め犬募集している女性の間では、ホンモノの判断基準として結構セオリーな事柄です。
なので女性から聞かれる前に足を舐めるのが好きと言うと印象が良くなる可能性もあります。

NGな事を守るか

舐め犬を求める女性からの希望は率先して聞き入れましょう。
どこまでして良くて、何がNGなのか、厳守するのは当たりまえですが女性はこちらをヤリ目や冷やかしじゃないのかと疑っている部分もあります。
女性側も完全に見抜くのは無理だし、コチラも最初のやり取りで完全に信用してもらうことも不可能ですが、文面でも誠意は見せましょう。

健康度合いの提示

性病のリスクを考え、健康診断などで性病が無い事を証明しましょう。
これは、女性を信用させるのではなく、自分が性病に感染しないよう予防するために行っておきたいポイントです。
舐め犬を多頭飼いしている女性では、日々色んな男に舐めさせているので女性側が性病を持っている可能性も疑わなければなりません。
こちらが診断書などを用意すれば、女性側も同調して見せてくれることもあるため、プレイ前に打ち解けたタイミングで提示してみましょう。

最終更新日: 2019年11月28日
2019/11/17

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲