こんな特徴があればセフレをM女として調教できる

セフレなら誰でも同じようになるのか?と言ったらそうではないので、やっぱり生まれもったM女としての素質がある人じゃないと難しいです。

M女としての素質を持ちセフレ相手を探してる女の子の特徴は以下の通りです。

□甘えられる存在が常にいないと不安に思ってしまう(異性依存する体質)

□自分はモテるという自信がある(表面上には出しません)

□ちやほやされたい(年齢関係なく)

□非常にツンデレ

□感情の起伏が激しい

この5点を兼ね備えた女性は確実にM女に調教できると思うし、どれか一つでも当てはまればこちらのリード次第でM女にすることも可能です。

まず、女性は承認欲求を満たしたい気持ちが非常に高く、自分は他人から必要とされていると実感することで気分が良くなり安心します。

そして手っ取り早く承認欲求を満たせるのは異性との対話。
上記5点は全て男性ありきの反応という点です。

そんな女性を見つけたら、じわじわと性奴隷として調教していき従順なM女にしていくだけです。

セフレをM女調教していく

セフレをM女として育てていくときに大切なのが、M女として調教してやるぞ!という気持ちを出さないことです。

もし女の子が自分からマゾで変態でマニアックなプレイもやってみたいとM女として自覚しているなら問題ないですが、そうじゃなくてただ単にセックスを楽しみたいだけの場合にM女としてどうのこうのというとプライド的に許ささない女の子もいるということです。

なので、M女として調教していくのはシレっと調教していきます。

シレっと従順調教

男性に依存していてちやほやされたい女の子は、男性に頼られると断りづらい傾向にあるので、相手におねだりするように“やってほしいこと”を頼んでいきます。

こちらが下手に出ているように見えますが、自分の思うように行動させているということで実は上手、シレっと従順にしていきます。

シレっと難易度アップ

調教中にプレイの難易度を上げたいとします。例えばアナルプレイがしたいと伝えたとします。でも断られました。じゃあ、バイブで責めていい?と別の提案をします。
これは交渉の基本ですよね。いったん難易度の高い要望を伝えて断らせておいて、次に難易度の低い要望を聞いてもらう術。

もし、また断られたら、さらに難易度の低い要望を伝える。断り続けるのは申し訳ないなという感情が湧くので多くても2回、3回までやれば何かしらは受け入れてくれる。

こういったやりとりは結構効果があり、“知らず知らずにいろんな体験をさせられていた”なんて言う女の子も多いです。

お願いことを聞いてあげたいM女ならではの性質ですね。

シレっとごっこ遊び

ストレートにご主人様と○○という風に主従関係を作ってもいいし、上司と部下や医者と看護師のように何かの役を作ってもいいと思います。

上下関係がはっきりするシチュエーションでプレイをするこで、普段とは違う面白さがあり、よりM女として磨きをかけることができます。

シチュエーションプレイはシレっと調教できて気分転換としても楽しめるので取り入れてみることをおすすめします。

最後のシメ

M女の特徴を掴めばセフレをはじめ調教できそうな女性はたくさんいます。

マッチングアプリで探すほか、自分の周りの人間で探す、合コンや相席屋など出会得る場所は数多くあります。

ぱっと見の特徴として遊び慣れてなさそうなのにどことなくエロイ雰囲気を醸し出している女性はM女として調教できると思います。

最終更新日: 2019年10月23日
2019/10/26

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲