女性のアナニーが気持ちいい理由・感じるトコロ

男性であれば、アナルから指やディルドなどを挿入して前立腺を刺激することで快感を感じることが出来ますが、 女性の場合はアナルの中の、どこに性感帯があるのでしょうか。 アブノーマルなオナニーをしている事に浸って、気分的に気持ちよくなっているだけなのか、 本当に快感を感じるポイントがあるのかどうか、女性のアナニーをする意味や気持ちよさを感じる理由を調べてみました。

女性はアナルのどこが気持ちいいのか

もともと肛門やその周辺には末梢神経が多く、少しの刺激でも感じ取る事が出来るほど敏感な部位です。 こういったデリケートな部分の刺激でも性的興奮を感じれる人もいる事から、アナルも性感帯の一つと言えるでしょう。 実際にはアナルやアナルの中に対して性感帯がどうあるのか、どうなっているのかは詳しく解明されていません。

アナルの中から膣を刺激

アナニーで気持ちよくなる上では直腸内から膣壁を刺激することでも快楽を感じることが出来ます。 アナルから入れるなら膣で普通にオナニーしたほうが早いとも思いますが、 肛門が性感帯になっている場合には同時に刺激出来て一石二鳥。 通常のオナニーと合わせていわゆる2穴状態になれば、膣を正面とアナル側両方から擦られてより快感を得られます。 また、整理中で膣でのオナニーを控えたい時期での性欲処理としても、直腸内から膣を刺激するアナニーは効果的です。

気分的な気持ちよさ

アナルでオナニーというアブノーマルな行為をしているという思いから、アナルへの刺激も気持ち良さへ繋がります。 人には言えない罪悪感や背徳感から、M気質な女性がこのような快楽に目覚めていきます。

女性のアナニー方法

前立腺を刺激する男性のアナニーと違って、女性のアナルには膣やクリトリスのように強烈な快感を得られるポイントは在りません。 開発によってはアナルでイク事も可能にはなりますが、人によってはまったく変化しない人もいるので根気強く開発する必要もあります。 アナルでのプレイにおける洗浄や注意点は省き、以下にはアナニーで気持ちよくなるための方法をまとめました。

気分を上げる

AVの鑑賞やアナニーをしながら乳首やクリも触るなど、とにかくエロい気分になって興奮する事が大事です。 アナニーだけで気持ちよくなれるようにするには時間も掛かります。 なのでAV鑑賞による目や耳からの刺激や他の部位で興奮を促す事もオススメです。

アナニーの体制

男女ともにアナニーをする上で楽な体制は主に「横臥位」「M字開脚」「後背位」の3種類です。 「横臥位」は一番簡単で多くのアナニー経験者が行っている体制です。 寝転んでテレビを見ているようなおなじみの体制で、指やディルドなども挿入しやすく初心者もまずはこの体制からチャレンジしましょう。 「M字開脚」は女性の場合は特にアナルの位置が分かりやすく挿入しやすい特徴があります。 ディルドを床に立て、体を垂直にM次回客をしながら降ろしていくと楽に入れていく事が出来ます。 「後背位」は四つん這いになり、お尻を突き出した状態で挿入する方法です。 ディルドを使う場合、この体制だと目で見て挿入するところを確認できないので少し難易度は上がりますが、 バックでアナルセックスをしている妄想が用意に出来る分、興奮度も上がります。

最終更新日: 2019年8月7日

お友達サイトの更新情報

Copyright©2019
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲