SMコラム・強制連続アクメについて

強制連続アクメとは、その名の通り強制的に連続していかせる行為を言います。 男性とはオーガズムの成り方が違う女性であれば一回のセックスで何回もいく事が可能ですが、 深い快感や幸福感など複合的な感情によって可能になる場合が多く、他者から強制的に連続していかされるのは難しい事です。 男性の場合は女性よりも難しく、オーガズムで一瞬出る快感に対して消費する体力やエネルギーはあまりにも莫大なため、 連続した2回目以降の絶頂はかなり困難です。 では、強制連続アクメなんてAVやエロアニメなど創作の中だけのものなのか?と言うと案外そうではないのかもしれません。 男女それぞれ、連続アクメを可能にする条件や方法についてまとめてみました。

女性の連続アクメ

オーガズムを感じる一般的なポイントとして、女性は主に3か所存在します。 一つはクリトリス、もう一つはGスポットと呼ばれる膣口から3-5cm程度にある部分、3つ目にポルチオ性感帯。 それぞれイキやすさだったり快感の感じやすさは人それぞれで、女性によっては乳首やアナルなどでもオーガズムに達する事もあるようですが、基本的には上記3つです。

この3つの各部位は、一か所では連続していかせることは難しい事が多いです。 クリトリスの場合、一度クリイキすると男性の射精後のペニスのように敏感になり、 継続して触ったり愛撫するとくすぐったかったり痛みを伴ったりして連続したアクメにはなり辛いです。

ですが、クリイキの後はGスポットやポルチオでのいきやすさは上がるので、 クリトリスの次はGスポット、Gスポットの次はポルチオといった具合にいかせ続ける事は現実的には可能です。 それを可能にするためには各部位でのオーガズムの経験や感度の開発が必要。 徐々にそれぞれの箇所の感度を高めていく事で、連鎖反応的にクリトリスからGスポット、ポルチオイキまでが可能になっていきます。

男性の連続アクメ

女性であれば、クリイキ、Gスポットによる中イキ、ポルチオイキ、 人によっては乳首イキなどバラエティ豊かにオーガズムのバリエーションがありますが、対する男性は亀頭や前立腺ぐらいしかありません。 (男性も開発によって乳首イキが出来る人もいますが。) また、一度オーガズムに達すると賢者モードと呼ばれるモチベーションの低下も相まって2発目3発目と回数を重ねるたびにインターバルを長く置かないと続きません。 この長いスパンと気持ちや性欲、体力の減退に対処する方法が、「ドライオーガズム」です。

「ドライオーガズム」とは射精をせずにオーガズムに至る事で、前立腺への刺激によって可能になります。 ドライオーガズムは性欲とは無関係に絶頂感を連続して味わう事が出来、自分の意思でなくても他者から強制的に刺激される事でも可能です。

最終更新日: 2019年8月7日
2019/07/11

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲