M男とアナルプレイをした時の教訓「適当にやっちゃダメ!!」

初心者同士、ネットで知った何となくの情報で何となく大丈夫と思い、何となくのノリで調教を推し進めていくのはあまり良くないと今回感じました。

同じSMプレイ好き、アナルプレイに興味があるということであるM男性と仲良くなりました。
お互いにSM歴の浅いほぼ初心者同士。でもSM以外話しでも会話が弾み波長が合ったのですぐ意気投合。

ネットでアナルプレイについてのあれこれ調べて早々にアナル開発をしていきました。

初めは良かったですよ。慎重でした。でも慣れてくるとどんどん過激になり歯止めが利かなくなっていくのです。
それは責める方もどうだし、責められる方もそうです。感覚がマヒしてくるというか…、「まだ大丈夫」という気持ちが強くなっていきます。

アナル未開発M男と初アナル拡張の私。拘束やお尻叩きぐらいのソフトSMしか経験がなかったから、余計なにか深まった気がしていました。

いきなり男のケツ穴に指を突っ込むのもちょっと気が引けたので、道具を使って穴を緩める作業をしていきました。

最終的にはペニバンで突きたいという思いがあったので、ディルドが入るように細い道具から徐々に大きくしようと。

2、3時間固定していれば穴が広がってディルドやペニバンが入るようになるはウソ

これは未開発アナルには無理な話です。ある程度拡張したことがあるアナルでディルドやアナルストッパーなどで穴を固定する場合は2、3時間でも十分かもしれませんが、まだ緩まってない締まる力が強いアナルでは物を抜けばいつものアナルです。

それがわからずに若干広げにくいけどアナルファックができる。と勘違いしM男にディルドオナニーを披露してもらった後にペニバンファックをしました。
1回だけではなく、同日に何回か挿入したり、連日続いたりとアナルを酷使しました。またその方がアナルが広がるからいいと思ったのです。

実際はアナルを痛め切れ痔になりました。直腸も少し痛めたらしく当分排便する時は気分が悪かったそうです。

初アナル開発時にいくら固定したからといってアナルは急には広がらない。いきなり太いものを入れたりアナルファックのように入れたものを動かすようなプレイは避けた方がいい。

そんなこんなでアナルプレイがどれだけか行えず延期になるという残念な結果に…。
その間アナル以外のプレイで楽しんでいましたが、二人共アナルプレイがしたい者同士だったのにずっとお預けを食らい寂しい日を送りました。 念のために1ヵ月我慢しました。

慣れていようが何だろうが体内はより慎重にが基本に

アナルプレイ解禁となったときは、慎重さを取り戻しまし、前立腺開発を行うことにしました。太いものじゃないし激しく動かくこともないし、なにより私がやってみたいという気持ちが強かったからです。 久々のアナルは通常の硬く閉じたアナルになっていましたが女の指一本分ぐらい、普段のうんこと比べたら大差ないということで、早速準備をして開始。

初めてだとやっぱり場所が分からず、指に当たっているのが前立腺なのかただの腸なのか、それとも他の臓器なのか、本当に難しかったです。これは本当にコツを掴むしかありません。

アダルトグッズでローションやジェルなど様々な潤滑剤が販売されていますが、体内に入れるならちゃんと安心できるものを使った方がいいです。安いからとか定番アイテムだから間違いないだろうという考えで買わない方がいいです

使用用途に合っていないとすぐ乾く・滑りが悪い・落としにくい・体内に入るのに適していないなど問題がいろいろ出てきます。

あと女性は爪が長い人が多いですが、きっちり短く切っておくことです。爪は硬いし指の腹と比べると薄いです。皮膚のように刺激から守ってくれるものがない臓器はちょっとした刺激でも痛みを感じます。
私も最初付け爪のまま(長くないからいいやと)行っていましたがM男がいっこうに気持ちよくなってくれません。好き嫌いがあるからソレなのかと思っていたのですが、たまたま短い自爪でコリコリしていたら喘ぐようになりました。

そんな感じで初心者には失敗はつきものです。つきものだからといって仕方がないでは済まされないことも起きます。
プレイをやっていると感覚もマヒします。
その場の流れやノリだけで後悔がないように、慎重に安全に衛生面も気にして楽しいSMライフを送っていくことが大事だと今回の失敗で思いました。

M男とS女の交流サイト

SM出会い

最終更新日: 2019年3月18日
2019/03/16

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲