【SMプレイの失敗談】やっぱりお互いの確認と相性って大切だよね。

皆さんは、SMプレイをするときに初めて会った人とする事ってありますか?
元々恋人同士で、興味を持ってプレイをする場合やプレイが特殊なのでプロの女王様にお願いしてプレイをする場合だと
こんなトラブルは無いのでしょうけどお互いが初めて出会う場でのSMプレイにはなかなか悲しい失敗談が付いて回る可能性があります。

本日は、そんな今までに体験した悲しい失敗談の経験を語りたいと思います…。

是非、同じような事にならないよう皆さんは注意してくださいね。

SMプレイの悲しい失敗談・ドン引きされてしまった


その相手と知り合ったのは、SMパートナーを探すとあるサイトにあるコミュニティでした。いわゆるグループとかサークルみたいなもので
そこで色々話をして、お互い近かったし趣向も合うし、対応できるプレイ内容も問題ないという事で一度会ってみるという話になりました。
その人とはもちろんコミュニティでも、サイト外でのメールでも色々話してましたしメール調教もしていたのでその日はノーパンで来るようにとか色々命令をして…

会ってからもすぐにノーパンか確認させてもらおうとしたり、抵抗したのでちょっと命令口調になってしまったんですが…
どうやら、最初からいきなりプレイに入り込んでいるのは相手的にNGだったらしくて、ドン引きというか幻滅されてしまい二人の関係語とお流れになってしまいました…。

もう既に、色々話してるから二人の関係は始まってたと思ったんですけど、難しいですね…。
それ以来最初からそう言う乗りで良いか、それとも落ち着いてから開始するかは必ず確認を取るようにしています

教訓:きちんとお互い意思の疎通を取ろう!

SMプレイの悲しい失敗談・急な体調不良に気付かず…


これはなかなかシャレにならなかった経験なんですが、お互い何度目かのプレイで拘束プレイをしていた時の事です。

相手の人は割とお仕事が忙しい方で、会える機会自体はそう多くなくSMプレイでストレスを発散しているタイプでした(M女なのに)。
会社で罵られるのとは、プレイで虐められるのと違うんでしょうね。相性も良く合えれば楽しめてたのでこちらとしても文句のない相手です。
その日は拘束焦らしプレイをしていたんですけど、途中でそのM女の反応がおかしくなってきて、唸りながらもの凄い体をよじらせているので
もしかして凄く感じちゃってるのかな?と楽しくなってきて焦らしではなくもうガッツリと攻め始めたんですけどしばらくしたら

急にがっくりと力なくなってしまってこれはもしかしてイったのかな?と思ってそこでようやく相手のイキ顔を眺めようと思ったら
完全に真っ青で泡吹いている状態で、これはやばい…慌ててフロントに電話して救急車を呼んでもらう羽目になりました。
てっきりめっちゃプレイを楽しんでいると思ったのに…ちなみに仕事のストレスと疲労による失神だったようで、大事には至らなかったので良かったです。

プレイとしては、相手の事をきちんと気遣って無いといけないって失敗ではあったんですけど
そこまで忙しくても会いに来てくれるM女って言うのはそれは可愛いもので、その人とはいまだに関係は続いています。

教訓:プレイ中も夢中になり過ぎず相手を気遣おう!

SMプレイの悲しい失敗談・実は見栄貼ってた


この失敗談は結構多くの人が、どっちの立場でもあるんじゃないかと思いますが
プレイでこういう事したいけど出来る?どれぐらい経験ある?って聞いた時に結構見栄を張られていたせいで…という失敗談があります。
これも相手の女性はネットの、今度は出会い系で知り合った女性なんですが鞭とかパドルで打たれる系が好きで、真っ赤になるまでたたいてもらって喜ぶ変態なんですって言われて
お気に入りのレザーのパドルを持って行ったんです。で、いざプレイを開始してそこそこ経験もあるって事だったので結構強めに叩いたんですが…

まさかの大絶叫でいったぁー!!!!と、まじめに痛さを訴えられてしまって、顔も見るとかなり涙目なんですよ。
そんなに強くしてないよって言いながらもう一回叩くともう痛い痛いって言いながら四つん這いで逃げちゃって…さすがに、おかしいと思って聞いてみたら
スパンキングの経験は少ししかないし、あとはビデオとかで見たやつでそんなに痛くないだろうとか、自分がされても大丈夫って過信というか…
思い込みで、OKを出しちゃってたらしいんですよね。それをてっきり会う前の話ではかなり詳しそうだったのでベテランだと思って強くたたきすぎちゃって、ちょっとかわいそうな事をしました。

その後は、少しづつ手の平でソフトにスパンキングしていって、多少は強くたたいたりして喜んでいましたが
正直自分としては不完全燃焼な出会いとなってしまいました…。

教訓:相手の話をうのみにし過ぎず自分の手で確認しよう!

最後に


僕が経験した失敗談はやっぱり相手を尊重して気を使ってあげられれば回避できてただろうモノばかりでした。(真っ青で失神されたのはどうしようもないですが…)
こういう失敗を重ねて、今では紳士的できちんと相手を大切にするご主人様でいようと努力しています。
失敗に学ぶ経験って言うのもやはり大切ですよね。

最終更新日: 2019年3月11日
2019/03/08

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲