便器はウンコでも食ってろ!M女スカトロ調教

150610_02

31歳S男。
会社を経営しております。
私はパートナーに自分の糞便を食べさせたり異臭にまみれる姿に興奮します。

SM調教掲示板などを拝見していると、「スカトロはNG」といった書き込みが目立ち非常に残念に思います。

排泄物にまみれたりそれを食させられたりといったことは最も屈辱的なプレイであり、真性のマゾであればそれを悦んで享受します。
サドならばパートナーのそのような姿に興奮するはずです。
スカトロとは究極のSMプレイであると考えています。

私が利用したのはスカトロ専門のSMコミュニティで、私と同じように考えている人々が多数利用していました。

そこで私は25歳のM女と出会いました。

彼女は以前一人で旅行中に急行電車の隣の席の人が爆睡していてトイレに行けずに漏らしてしまったことがきっかけで、便をもらす快感に目覚めてしまったそうです。
もらした便の臭いを嗅いだり、時に食べてしまうことが癖になり、元々MだったこともありS男性にそれを見られたり命令されたいと思うようになったといいます。

調教は汚れてもいいように私の家の風呂場で行いました。

まずはM女にその場で排便させます。一日我慢させておいたので、裸になってお腹が冷えるとすぐに排便しました。

M女の排泄姿をまばたきもせずに観賞していると、やはり恥ずかしいのかうつむきながら耳まで真っ赤にするM女。しかしこちらと同様興奮しているようです。

形のよい出来立てホカホカのうんこをにぎらせると意外ともろくグニャ…っと崩れ落ちました。

「さあ、自分のうんこで遊んでみせなさい。身体に塗ってもいいし、食べてもいいぞ?」

M女はうんこを両手でこねくりまわした後、手についたうんこを舐めまわし始めました。

「おいしい…けど、私のばっかりじゃなくてご主人様のも食べてみたいな。」 「食べてみたいだと?食べさせてくださいと言いなさい。お前は奴隷だからな。それと、私は今便意がないのでそれはまだお預けだ。」

自ら便器になることを望んだM女は、汚した床まで綺麗に舐めて掃除してくれました。
ただのうんこ好きではなく奴隷としてきちんと奉仕してくれるM女なのでいいパートナーになれそうです。

お友達サイトの更新情報

Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲