僕は変態パンストフェチ、彼女は変態踏みつけたい痴女。意気投合も早かった

「踏まれたい!!」 踏まれたいなんて変態発言をしていますが、何でもいいから踏まれたいわけじゃない。
濃いめのベージュストッキングを履いた女性に踏まれたい!
お尻で踏まれたい!つま先でチン踏みしてほしい!つま先を加えさせてほしい! とにかくパンストを履いた女性が大好き! そうです。パンストフェチ。

どんなシチュエーションでもパンストは外せない!
OLしかり、コスプレしかり、ドレスコードしかり。
ちょっと服装に違和感があっても関係なく濃いめのベージュパンストを履いてほしい。踏みつけてほしい。

そんなわけで、変態パンストフェチとエロエロ変態踏みつけたい痴女が知り合うと…。
目と目を見ただけで何か通じるのをキャッチ。瞬間マッチング。

パンストを拝みたい。つま先をじっくり見せてください。良ければこれ(チンコ)を踏んでください。
エロ痴女におねだりする僕。

好き過ぎてパンストを加えたい、パンストをかぶった女性をみたい。
誰がんと言おうとパンストで頭がいっぱい。
街を歩いていても脚やお尻が気になる。

自分のフェチな部分を合意もなしに推し進めると捕まるので、変態痴女と出会うしかない。 そして出会った。

あぁ。はっぴぃ。

パンティを脱いでパンスト直ばきのマンコに顔面騎乗されるのは至福過ぎて昇天!

sm

つま先の縫い目をじっくり見ながらそれを口いっぱいにほおばるおいしさ。

チンコを足コキしてもらえば、自分の好きなものでイかされる快感。

どうしていいか、もう、たまらなく幸せでした。

エロ痴女はエロ痴女で、僕があまりにも昇天しすぎるので面白くて責めるのが止まらないと、どんどん脚を使って僕の体で遊びまくります。

太ももコキも、女性の太ももに挟まれ、肉塊を感じながらしごかれている様子をみると何度でも射精してしまう。

変態でごめんなさい。

でもやめられません。

もっともっともっともっと脚で責めてくれ~~~!!!

最終更新日: 2017年3月3日

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲