ペットのM男を一週間交換調教しました。

この間知り合いのペットのM男と私のペットのM男を交換調教しました。
預かりペットを調教する楽しみと、戻ってきた私のペットはどう調教されているのかを見るのが楽しみで胸が高鳴る。
SM出会い

交換したペットはまず普段どんなことをしているのかを聞きました。

このペットは舐め犬として飼われているようで主に付き添い優しく舐めているとのこと。
部屋にいるとき主は裸で過ごしているようで好きなように舐めているそうです。
部屋にいるときの移動はすべて四つん這い。
天気のいい日は散歩に出かけるとのことで、その時は二足歩行で首輪にリードを付けて主に引っ張ってもらい出かけるようです。

私のペットは射精管理をずっとしてます。
オナニーは私の前だけですること、限界まで我慢させるために貞操帯を付けて過ごさせているので会うときはいつも苦しそうにしてて早くスッキリ気持ちよくなりたいといつもねだってきます。 その姿がほんとにかわいいんです!
前立腺開発もしてるから、アナルから責めるときと尿道を責めるときと両方あるけど毎度反応がかわいくてついついいじめちやう。

預かったペットは舐め犬調教がされているので、私も裸になって過ごしてみる。
興奮すると腰を振ると聞いたけど、それもまた楽しそう♪
でもまずはスキンシップを大切に。
四つん這いの預かりペットにローションを塗って全身を撫でてあげる。 「一週間という短い期間だけどリラックスしてね。お互い幸せな時間を過ごしましょうね」 「ワン」 素晴らしい!!

いつものように射精管理とアナル責めをしてあげると、預かりペットは顔を真っ赤にして喘いでくれて楽しかったわ。
それに私の何気ない行動に反応して椅子になってくれたり、足踏み台になってくれたり、とっても躾が行き届いていました。
尚且つ責めてほしい時はおちんちんを突き出してくるのです。 これはおちんちんで遊んでほしい時ね。 意思表示もしっかり。調教待ちのただぼーっとしてるだけのM男だとわからないから、どうしてほしいという意思表示はとっても大事。

そうこうしているうちに一週間はあっという間に過ぎ、それぞれの主の元に戻るペットたち。

私のペットも初体験をいくつかしたようで実のある日々を過ごしたよう。

自分たちだけで楽しむのもいいけれど、人との交流を踏まえて新たな知識や情報が入ってくるってとっても大事。

これからも立派なM男を育てていこうと思います。

エロ痴女と遊ぶ
SM出会い

最終更新日: 2017年6月12日

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲