パイパンM女を二穴調教

wpc04_150324-2

私はM女調教歴9年目になります、M女をパイパンにしてじっくり眺めながら虐めるのが好きな変態紳士(ドS)です。

挿入には興味がなく、M女のマゾヒズムを満たし快感に導くのが無上の悦びであり、それが変態紳士と呼ばれる所以です。自称ですが(笑)

しばらく仕事が忙しくてフリーだったのですが、先日素敵なM女との出会いがありました。

某SMコミュニティサイトで、自らのおまんこ写真をアップしているM女がおりました。剃毛処理済みで、とても美しい女性器でした。

「私のおまんこを生で見て、アナルと一緒に犯してくれるご主人様募集

とのことで、パイパンマニアの私としては手に入れないわけにはいかないと思い、メッセージを送ると即返事が返ってきました。

「変態紳士様、是非私めを調教してください。私のつるつるマンコをじっくりとご覧くださいませ」

数日後に都内のホテルで調教開始。さわやかなミニワンピース姿で現れたM女は、当然のようにノーパンでした。少し風が吹けばパイパンが露になってしまうでしょう。
露出癖もあるようです。

スカートを胸の上までたくし上げると、ノーブラでした。強風が吹けば全てが露になってしまいます。予想以上の変態娘でした。

両手にローターを持ち、両乳首を刺激してやると、かわいらしいピンク色の乳首が隆起しはじめました。M女はよだれを垂らしながら感じておりました。相当感度が良さそうです。

すでにジュクジュクになったまんこから愛液をすくいあげ、指で糸をひくようにしながらM女に見せつけ

「お前はなんて淫蕩な女だ、汚い汁がもうこんなに出ている。お仕置きしてやらねば」

と言うと益々顔を紅潮させ喘ぐM女言葉攻めにも弱いようです。

ローターでクリトリスを刺激してやるとこれまた反応がよく、あっという間にイってしまいました。

「なんという感じやすいメス豚だ、今日はイキ地獄を覚悟しておけ」

それからローターを二穴につっこみ、イカせまくりました。つるつるのおまんこから潮が噴出す様は圧巻でした。

自らの体液でびっしょり濡れたM女の股間をじっくり眺め、大変満足しました。

この娘は少々感じやす過ぎて先走る傾向にあるので、もう少し我慢を覚えさせる必要がありそうですね。これからじっくり矯正していこうと思います。

お友達サイトの更新情報

Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲