飲み屋で意気投合した年下男性をメスイキさせちゃった時のこと

wpc04_170206a

行きつけの飲み屋でよく顔を見かけた男性。 何度か顔を見るうちに話す様になり、次第に時間や曜日を合わせて一緒に飲むようになった。
それがどれだけか続いて警戒心もとけすっかり仲良くなったころ。
帰り際に向こうが手を繋いでキスをしてきた。
驚いたけど嫌じゃなかった。
そこからが調教の始まりでした。

その日はキスまでで終わり、その後前より少し親密になった3回目の夜。私からホテルに誘った。 「脱がしていい?」 と言い彼の服を脱がしました。
飲んだ勢いって便利。
ズボンをはかせたまま上半身を裸にさせ乳首を舌先で転がす様に舐める。
脇を舐めたりへそを舐めたり、ズボンの上からでもわかるほど突起した性器にはふれず耳を舐めキスをし 「私としたい?」 と耳元で囁く。
喘ぎ声を上げながら息もあらあらに 「うん」 と答えると 「じゃあ、全部脱いで?」 彼は服を脱ぎ全裸になると、血管が浮き上がっているおちんちんを口いっぱいに加え舐め始めた。
女の子のように喘ぐ彼。

sm

“あ~。たまらない。おいしいわ”
そんな淫らなことを思いながらしゃぶり続け、彼の腰がどんどん浮いていく感覚。 「出そう?」 「まだ…大丈夫」 手コキをすると苦しそうにするも出ないように尿道を抑える。 「ガチガチだよ?」 椅子に座っていた彼を押し倒し顔面に私の下半身を押しつけ手コキした。

女の子のように喘ぎメスイキしちゃった彼を見ながら私は男性の責めたい気持ちが初めて分かった。
ペニスバンドがほしい。そしてこの人のアナルに入れたい。
女性は構造的に責めるものがない。
男性器を責めるだけじゃ物足りない!
初めて芽生えた男を責め倒したいという気持ちを大事にSMというワードに興味を持ちました。

お友達サイトの更新情報

Copyright©2018
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲