普通の主婦だった私がSMに目覚めた瞬間

子育てをしながらパートに出て、家事をして…と至って普通の主婦の私。
そんな私に何かが降りてきたかのようにSMに目覚めた瞬間。 もともとエッチは好きだったが激しく求めるタイプでもなく、たまにしたいときに旦那に甘える程度。 もちろんSMに興味もなく、詳しくもない。

ある日ネットでたまたまみつけたアダルトサイト。
興味本位でチラ見。家族に見られたらどうしようとソワソワしながら、気づけば夢中で見ていた。

徐々にムズムズする感覚が体を伝い“パンツ濡れてるかも”と感じる。
そしてネットサーフィンをしてたどり着いたSMの動画サイト。 「こんなこと実際にあるのかな?」 なんて思いながら一気に虜。

私は気持ち的に責めたい派だけど、責められる方が“求められてる感”があって好きかもな。 なんてことを想像していたら我慢できなくなりトイレでいったんオナってスッキリ。

-誰も見ていないといえど自分の行為が恥ずかしい…-

でもどうしても実際に体験したくなった私は危険かもと思いながらもSMパートナー探しをしました。

どれだけかの期間やりとりをして実際に初調教の日。 いろんな感情のドキドキが押し寄せて心臓音がうるさく感じた。

初めての人に体を見られるのも触られるのもドキドキだけど、それに加えて調教となると今までの世界とは全く別世界。
私は縛られ足を開き椅子に固定されバイブなどの道具で責められ続けて、思わずおしっこが出てしまった。

「緩いオマンコだね~」 と言い指を何本か入れ膣をほじくる。お尻の穴にも指を入れられ初めての刺激に腰が浮き上がってしまった。 そして、動画でよく見た赤い蝋燭で胸辺りに垂らし固められ熱い感覚が気持ちよく感じられました。
気持ちいいとそんな自分がいたことに驚く自分。 その後は男性のアレを私の中に挿入して顔面に精液をかけられました。

sm

何とも言えない濡れまくりの時間でした。恥ずかしさといやらしさが重なって、でもそれが気持ちよくてどうにもならない自分がいました。
こうやってアブノーマルな世界に落ちていくんだなと。これは私の最大の秘密です。
またSMプレイをしてもらいたいです!

最終更新日: 2017年2月1日

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲