バレないように実行!刺激大の初めての野外露出体験

イチャついている人はよくみかけますが、露出度の高いエロイ行為をしている人ってそんなに見たことがない。
一度だけSEXまがいなことをしている男女を見たことがあるけどw
そんなわけで、パートナーのM子と一緒に初めての野外露出体験をした時の話しです。

日中ひと気の多い時はバレる確率も高いので控えめな行動で楽しみました。
M子はノーブラ・ノーパンでコートの下はベビードールのみ。 わざと階段やエスカレーターなど危険な場所を選んで一緒に歩きました。
M子はホント淫らな子でそうゆう場面に来るとすぐオマンコべちゃべちゃになる子なんです。
路地裏や公園の木の陰でオマンコに指を入れるとズボズボ指が入るのでローターも入れて遠隔操作遊びも途中から加えました。

午前中はそうやって遊び、15時過ぎ彼女の性欲が制御しきれず愛液がツルーと太ももを流れました。 「なんていやらしい体なんだろうね?もうおちんちんほしくなったの?」 「そんなことないよ!!まだ露出を楽しみたい」 「じゃあ、その液体だけふき取ろうか。」 そう言って公衆トイレの男子トイレに連れ込みコートをめくりあげオマンコを舐めてあげました。 「やだ。出ちゃう…」 顔を隠す彼女は興奮しておしっこを出してしまいました。
人におしっこ姿を見られるのが初めてだったようで、その恥ずかしさを隠すために僕のおちんちんをズボンの上からギュッと握りしめる。 「僕のはまだあげないよ~」 そうじらすと露出プレイ再開。

辺りも薄暗くなってきたので、今度はコートのボタンを開けベビードールのみ着用のM子の乳首と陰毛がさらけ出される。
公園の小山に立たせ一旦M子を放置。 「あとで気持ちよくしてあげるから僕が戻ってくるまでそのままでいるんだよ。
座ったりしゃがんだりは許すけど寒いからって前をしめちゃダメだから。わかった?」
彼女は「うん」とうなずき少しの間一人。

その間観察を続けるいじわるな僕。犬の散歩やテント暮らしっぽい人が変な目で見ている。
何人かは通り過ぎて行ったが一人だけ声をかけてきた。
遠巻きで話しは聞こえなかったが風俗嬢と間違われたのかいきなりおっぱい鷲掴み!
おっさんもズボンの上からたってるのがわかるくらい発情!!
M子が逃げて可哀そうだから救出に出る。
男は去ったが半泣きのM子をちゃんと可愛がってあげることにしました。

ホテルに行き風呂で体を洗い体内も僕の精液で温めてあげてM子は気持ちよさそうにとろけていました。
こんなに感じさせてくれるM子が僕は大好きです。

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲