最近のハマってしまったこと“幼児返り”

wpc04_161226a

40代半ば。独身。仕事と家の往復の中、考え方も凝り固まってきたせいか周りとの温度差を感じなくもない毎日。
そんな中でふと気持ちが緩む瞬間がある。
それは女性にとことん甘え赤ちゃんのようになってしまうこと。
これが生活のメリハリに今はなっています。

周りの目を気にしてか表向きはかっちり仕事をする私。
その反面赤ちゃんのようにあやされたい、甘えたいという衝動にかられる。
そんなこと普通ではきないが専門のサイトなら思いっきり奥深くの自分の欲求を満たせるのだ。

ベビー用品専門店や薬局、ネットで赤ちゃん用品を物色。
大人用紙おむつを買うのが少々恥ずかしかったので布おむつを購入。
今はネットでおむつカバーの種類も豊富に売られているのでそれを購入。
サイトを覗けば覗くほど可愛らしいものが出てきて見ているだけでもとても楽しい。

いざ、お母さんのところへ!

いざ、お母さんのところへ! 「さぁ。お着替えしましょうか?
あら。〇〇ちゃんおしっこ出ちゃったの?おむつも交換しないとね。」
お母さんに会ったことで安心したのかお漏らしをした私。
お母さんにぬのおむつを履かせてもらい、かわいい布パジャマを着せてもらい、頭を撫でてくれる。
至福のひと時。
膝の上に横になる私はうつ伏せになり甘える。

布おむつ

その後も赤ちゃんとお母さんの普通の日常を過ごす。
「〇〇ちゃん、そろそろお腹すく時間かな?ご飯食べようか?」 「あ~んして」

「お風呂入ろうか?」 と柔らかい布で体を流す。
この時だけ大人の体はアソコが反応してしまい、お母さんに見られるのが恥ずかしと思いながらも手コキされる。

お母さんの言うことを聞かなかったりお布団でオネショしたりすると怒られる。
怒られて泣くとあやしてもらったり。

そんな感じで存分にお母さんに甘えた一日。
これをマゾっ気が強いというのでしょうね。
疲れがたまったり落ち込んだりすると非常に甘えの欲求が強くなります。

マゾっ気が強いからと言って女王様のような攻撃的なものはちょっと好みとは違うので女性に甘えたい、可愛がられたい、母性を感じたいという人は一度赤ちゃんプレイで幼児返りをしてみてはいかがでしょうか?
疲れも吹っ飛ぶ超癒し系ですよ。

お友達サイトの更新情報

Copyright©2018
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲