延々と苦しみ続けさせたいくすぐり責め

M女の手足を拘束して動けないようにする。
そして、足の裏をくすぐってやる。
「うふ、、あは、、はははは!!」

次にM女の体に手を這わせるように動かす。
「ふ・・・ふふ・・・」
少し体を震わせて笑っている。

楽しそうにしてくれるのは嬉しい。
だが、いつまで余裕ぶってられるだろうか?

刷毛を出して、それで体をなぞる。
乳首や陰部は丁寧になぞる。
「あぁ・・・ふぅん・・ふふっ」
気持ちいいし、くすぐったいしといったところだろう。

楽しそうに見えて苦しいくすぐり責め

くすぐり責め

今日はくすぐり責めをしている。
くすぐるだけだから、大したことないと思っていると痛い目を見る。
くすぐりは昔から使われている拷問の一種でもある。

くすぐるのを続けていると、笑いつつも苦しそうに呼吸をするようになっていく。
大きく息を吸い込んだり、小刻みに呼吸をしたりしてとても苦しんでいるのがわかる。

時々、くすぐるのをやめてやると、ほっとしたようになる。
そして、またくすぐり始めてやる。
苦しそうな顔も声も吐息もたまらない。

いつまでも終わらない拷問をし続けてやりたい欲望にかられる。
だが、それは現実的ではない。
だからこそ、こうしてSM調教ができる貴重な時間では楽しみ続けたい。

最終更新日: 2016年12月8日
2016/12/06

お友達サイトの更新情報

Copyright©2019
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲