ハード調教されるM男 鬼畜すぎる女王様

wpc04_150302-6

私はM男歴5年、そろそろ初心者を卒業する頃合と思い、ハード調教していただけるご主人様を探しておりました。

ハードな女王様が多いと聞いたSM出会いサイトでハード調教希望で女王様を募集したところ、一人の女王様のお目に留まり、メールをいただきました。

調教歴10年、複数のM男を多頭飼いしているという主婦のC子さん。夫が単身赴任中で、やりたい放題なのだという。

恐れながらご自宅に招いていただき、調教を受けました。
既に私の前に調教を受けているM男性の方がおられました。全裸に猿轡、手枷足枷をされた状態で鞭で激しくスパンキングされていました。

私も全裸になり、口枷をさせられ、貞操帯をつけられました。そのままよつんばいになり、背中から尻にかけて蝋燭らしきものが積まれ、火をつけられたようです。

「蝋燭を落としたらコロス!」と脅迫されたので、だんだんと熱い蝋の液体が背中にしたたろうとも必死に我慢しました。隣のM男は強制射精をさせられていました。

蝋燭がほとんど溶けきったと思われる頃、今度はあおむけにさせられ、貞操帯にペニスバンドが装着されました。そのまま騎乗位でご奉仕しました。
射精どころか勃起することもできない状態でご奉仕するのは本当につらかったです。
隣の同志は拘束具をつけられたまま放置プレイされていました。

調教終了後も、トイレで用を足すとき以外は常に貞操帯を装着することを義務づけられました。

鬼畜女王様に徹底的に射精管理されることになった私は、M男中級者に昇格できたでしょうか…。

お友達サイトの更新情報

Copyright©2017
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲