拘束連続強制射精で天国へ召される

拘束されて手コキオナホで果てるまで強制連続射精

自由を奪われたマゾ男を幸せなことがありません。
「いきなりなに言ってんだコイツ」と思わないでください。

M男が好きとされている射精管理ですが、
僕はその真反対にあたる拘束強制射精プレイが大好きです。

だって射精管理って射精の喜びを感じれないプレイなんて本当に苦痛だけじゃないですか、
何度も射精できる強制連続射精プレイは喜びの連続ですよ。

拘束連続強制射精プレイは少し前に出会った女王様に教えられました。
まぁこれからこのプレイの良さをじっくりと説明します。

まず抵抗できないように手を拘束します。
これはSM調教では当たり前になるマストの行為です。

強制射精が頭を狂わす

ここからいきなり天国が待ち受けています。
いきなり手コキから始まります。

このときはまだチンコもフル勃起でビンビンです。
早漏の僕は15分ほどで射精してしまいました。

強制連続射精

一回の射精ほどでは僕もまだ27歳の青年なのでまだ、
チンチンもしばらく経てば元気が復活します。

次も手コキでペニスを責められます。
20分ほどで2回目の射精が完了します。

まだまだ手コキは続きます。
猛烈にこすられてチンコは摩擦で赤くなっていきます。

もう2回も射精していると痛みなのか、気持ちいいのかどっちかわからなくなります。
女王様の手が疲れたらオナホの出番がきます。

使用するのはもちろんTENGAです。
2回の射精で限界を迎えたチンコはこれから強制射精の領域に入ります。

僕の場合テンガの方がとても興奮します。
だってオナホの方が機械的に無理やり射精させられている感じがします。

「おいなに辛そうな顔してるんだ。やめていいんだぞ」

「すいません。続けてください。」

僕はやめてもらいたくないので必死で懇願します。
射精した後のショボショボチンコでもシゴキ続けて立派なチンコになって、

強制射精さられて、またショボショボになってまた射精させられて、
この射精ループを繰り返し繰り返しになります。

射精を何回も繰り返すと賢者モードを通り越して、
快楽しか感じない勇者モードになります。

この感覚は経験してみないとわからないので一度体験してみてください。
皆さんのチンコは強制射精に耐えられますか?

最終更新日: 2016年10月20日

お友達サイトの更新情報

Return to Top ▲Return to Top ▲