今月のピックアップ

趣味友からエッチな関係まで幅広く対応

サイト特色
みんなおんなのこ
メインユーザー
NH20代/男20代/女30/
おんなのこごっこ

おんなのこが大好き。可愛いもの・きれいなものが大好き。そんな人は多い。
女装子や男の娘、ニューハーフの友達見つけやそんなおんなのこが好きな人ならだれでも遊びにおいで!

新着記事

女性のアナニーが気持ちいい理由・感じるトコロ

男性であれば、アナルから指やディルドなどを挿入して前立腺を刺激することで快感を感じることが出来ますが、 女性の場合はアナルの中の、どこに性感帯があるのでしょうか。 アブノーマルなオナニーをしている事に浸って、気分的に気持ちよくなっているだけなのか、 本当に快感を感じるポイントがあるのかどうか、女性のアナニーをする意味や気持ちよさを感じる理由を調べてみました。

女性はアナルのどこが気持ちいいのか

もともと肛門やその周辺には末梢神経が多く、少しの刺激でも感じ取る事が出来るほど敏感な部位です。 こういったデリケートな部分の刺激でも性的興奮を感じれる人もいる事から、アナルも性感帯の一つと言えるでしょう。 実際にはアナルやアナルの中に対して性感帯がどうあるのか、どうなっているのかは詳しく解明されていません。

アナルの中から膣を刺激

アナニーで気持ちよくなる上では直腸内から膣壁を刺激することでも快楽を感じることが出来ます。 アナルから入れるなら膣で普通にオナニーしたほうが早いとも思いますが、 肛門が性感帯になっている場合には同時に刺激出来て一石二鳥。 通常のオナニーと合わせていわゆる2穴状態になれば、膣を正面とアナル側両方から擦られてより快感を得られます。 また、整理中で膣でのオナニーを控えたい時期での性欲処理としても、直腸内から膣を刺激するアナニーは効果的です。

気分的な気持ちよさ

アナルでオナニーというアブノーマルな行為をしているという思いから、アナルへの刺激も気持ち良さへ繋がります。 人には言えない罪悪感や背徳感から、M気質な女性がこのような快楽に目覚めていきます。

女性のアナニー方法

前立腺を刺激する男性のアナニーと違って、女性のアナルには膣やクリトリスのように強烈な快感を得られるポイントは在りません。 開発によってはアナルでイク事も可能にはなりますが、人によってはまったく変化しない人もいるので根気強く開発する必要もあります。 アナルでのプレイにおける洗浄や注意点は省き、以下にはアナニーで気持ちよくなるための方法をまとめました。

気分を上げる

AVの鑑賞やアナニーをしながら乳首やクリも触るなど、とにかくエロい気分になって興奮する事が大事です。 アナニーだけで気持ちよくなれるようにするには時間も掛かります。 なのでAV鑑賞による目や耳からの刺激や他の部位で興奮を促す事もオススメです。

アナニーの体制

男女ともにアナニーをする上で楽な体制は主に「横臥位」「M字開脚」「後背位」の3種類です。 「横臥位」は一番簡単で多くのアナニー経験者が行っている体制です。 寝転んでテレビを見ているようなおなじみの体制で、指やディルドなども挿入しやすく初心者もまずはこの体制からチャレンジしましょう。 「M字開脚」は女性の場合は特にアナルの位置が分かりやすく挿入しやすい特徴があります。 ディルドを床に立て、体を垂直にM次回客をしながら降ろしていくと楽に入れていく事が出来ます。 「後背位」は四つん這いになり、お尻を突き出した状態で挿入する方法です。 ディルドを使う場合、この体制だと目で見て挿入するところを確認できないので少し難易度は上がりますが、 バックでアナルセックスをしている妄想が用意に出来る分、興奮度も上がります。

2019/07/18

SMコラム・強制連続アクメについて

強制連続アクメとは、その名の通り強制的に連続していかせる行為を言います。 男性とはオーガズムの成り方が違う女性であれば一回のセックスで何回もいく事が可能ですが、 深い快感や幸福感など複合的な感情によって可能になる場合が多く、他者から強制的に連続していかされるのは難しい事です。 男性の場合は女性よりも難しく、オーガズムで一瞬出る快感に対して消費する体力やエネルギーはあまりにも莫大なため、 連続した2回目以降の絶頂はかなり困難です。 では、強制連続アクメなんてAVやエロアニメなど創作の中だけのものなのか?と言うと案外そうではないのかもしれません。 男女それぞれ、連続アクメを可能にする条件や方法についてまとめてみました。

女性の連続アクメ

オーガズムを感じる一般的なポイントとして、女性は主に3か所存在します。 一つはクリトリス、もう一つはGスポットと呼ばれる膣口から3-5cm程度にある部分、3つ目にポルチオ性感帯。 それぞれイキやすさだったり快感の感じやすさは人それぞれで、女性によっては乳首やアナルなどでもオーガズムに達する事もあるようですが、基本的には上記3つです。

この3つの各部位は、一か所では連続していかせることは難しい事が多いです。 クリトリスの場合、一度クリイキすると男性の射精後のペニスのように敏感になり、 継続して触ったり愛撫するとくすぐったかったり痛みを伴ったりして連続したアクメにはなり辛いです。

ですが、クリイキの後はGスポットやポルチオでのいきやすさは上がるので、 クリトリスの次はGスポット、Gスポットの次はポルチオといった具合にいかせ続ける事は現実的には可能です。 それを可能にするためには各部位でのオーガズムの経験や感度の開発が必要。 徐々にそれぞれの箇所の感度を高めていく事で、連鎖反応的にクリトリスからGスポット、ポルチオイキまでが可能になっていきます。

男性の連続アクメ

女性であれば、クリイキ、Gスポットによる中イキ、ポルチオイキ、 人によっては乳首イキなどバラエティ豊かにオーガズムのバリエーションがありますが、対する男性は亀頭や前立腺ぐらいしかありません。 (男性も開発によって乳首イキが出来る人もいますが。) また、一度オーガズムに達すると賢者モードと呼ばれるモチベーションの低下も相まって2発目3発目と回数を重ねるたびにインターバルを長く置かないと続きません。 この長いスパンと気持ちや性欲、体力の減退に対処する方法が、「ドライオーガズム」です。

「ドライオーガズム」とは射精をせずにオーガズムに至る事で、前立腺への刺激によって可能になります。 ドライオーガズムは性欲とは無関係に絶頂感を連続して味わう事が出来、自分の意思でなくても他者から強制的に刺激される事でも可能です。

2019/07/11

SMコラム・スパンキンググッズについて

スパンキングはお尻を叩く行為で、人気の高いプレイの一つです。
単純に叩くだけとはいえ、奥の深いプレイなんです。
何の意味もなく叩くことはなく、なんらかの罰やご褒美として、性行為の一環としてスパンキングします。
その理由がなんなのかは個人個人の嗜好によって違います。

スパンキングは大きく分けて、罰としてのディシプリンスパンキング、性行為の一環としてのラブスパンキングの2種あります。
どちらも好きな人もいれば、どちらかのみという人もいます。

そしてスパンキング用のパドルや鞭の種類の豊富さが人気の高さを反映しています。

でも一番の人気は素手、平手でしょう。
道具よりは手のままの感触の方がお互いが気持ち良くなりやすいです。

初心者は専用品よりも日用品を使う事が多いです。
スリッパや定規、しゃもじ、肉叩き、靴ベラなど細長く、平たいものが選ばれやすいです。
物によってはかなり痛かったり、怪我をしやすいので気を付けないといけません。

専用のものもかなり多くの物があります。
だいたいは平たく細長い形状ですが、材質が木、皮革、プラスチックなど様々あります。
色も様々で好みの色に塗る人もいます。
また叩く部分にトゲや突起などがついているものもあります。
より強力に叩きたい、痛いのが好きな人に向いています。

乗馬鞭のように棒状のものもあります。
通常は馬に使うものなので痛いといっても怪我をするほどではありませんが、人間の皮膚は傷つきやすいです。
人間に使う用になるとトゲなどをつけたものもあります。

基本的には持ちやすく叩きやすいものとなるので長さは20~50センチほどの物が多いです。
いろいろなものがあるので自分の好みで選ぶといいでしょう。
各種取り揃えるコレクター気質の人もいますね。

2019/07/08

アナル処女、女王様と初めてのSMプレイ♪

私は今回初めてのお店にいらっしゃる女王様と濃密SMプレイをしてまいりました。

初めてということもあってとても緊張していましたが、女王様が丁寧な接客で緊張をほぐしリラックスした状態で念願のアナルプレイが出来たので私は大変満足しております。
それと同時に、時間が過ぎるのが早く、すぐにでも次の調教をしていただきたいと感情がたかぶってしまい鎮めるのに苦労しました。
楽しいことはすぐまた同じ思いをしたいと感じるものですね。すっかり女王様の虜となってしまい、マゾとして女王様に使っていただこうと精進しようと思っています。

続きを読む
2019/07/04

SM風俗店を経営していた時のM嬢面接でゾっとした体験談

都内某所でSM風俗店を経営していたころ、M嬢募集の求人に応募してきた30代主婦の面接で巻き起こったゾっとした話。
彼女は30代前半で、小柄なうえに色白で控え目な印象でいかにもM女ってイメージを持てる人だった。
面接ではまず現在の生活状況を確認するため、いろいろと聞き取ったところ以下のような事が分かった。

続きを読む
2019/07/01

SMマッチングサイトの分析

Copyright©2019
変態痴態
All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲